カリレポ

学生ローンを調査!親より頼れる金融屋さん探し
学生ローンとは?学生が初めてお金を借りる時の注意点!

デフレの進んでいる日本では学生であってもお金に窮する場合があり、こういった時に利用できるものとして学生ローンと呼ばれるものや、一般向けのローンにも学生が借入れできるものが有ります。

ただし学生ローンにしても一般向けにしても融資されるには審査に通過する必要が有り、これは基本的には返済が可能かどうかで判断され、例えば収入が無く返済が疑わしいような場合には、審査通過は見込めません。

次にどういった業者を選ぶかと言う点ですが、まず必要なのは自分がどう利用することになるのかをよく考えることで、それに沿うような貸し方をしている業者を選ぶようにするのが基本です。

学生が利用出来るキャッシングとは?学生ローンの特徴

学生は殆どがまだ社会に出たわけではありませんから、保護者の庇護下にあると考えられます。このためお金を借りるという場面も一般人よりは少なく、利用出来るキャッシングも数は少なくなります。

これ等の中には学生をターゲットとした学生ローンというものも有りますが、一般向けのキャッシングローンの中にも条件さえ満たしていれば学生を特に区別せずに融資を行う場合も有ります。

ただし学生ローンを含めて殆どの場合には20歳以上という制限がついており、例えば高校卒業直後で18歳と言うような場合には、借入れできるキャッシングを探すのはかなり難しくなってしまいます。

またローンの利用を考える場合には、学生ローンと一般向けローンでは返済についての柔軟性などに大きな違いが有るので、そういった点について十分理解して借入先を考えるべきでしょう。

学生ローンの他一般向けのキャッシングローンにも利用できる場合有り

最近では経済状態が悪い時代が続いたため、収入も増えるどころか減ってしまい、その割には学費などが下がるということもなく、親も学生自身もお金がない人が多くなりました。

そこで学費やその他学生生活を送るうえでどうしてもお金が必要になった場合に利用する人が増えているのが学生ローンと言う一種のキャッシングです。

キャッシングには様々なものが有りますが、学生の視点で考えた場合次のように分類できます。

キャッシングの種類 特徴
学生ローン 最初から学生を利用者として考えている
学生でも申込みができる一般向けキャッシングローン 一般向けのローンだが学生の申込みを制限していない
学生には申込めない一般向けキャッシングローン 最初から申込条件で学生を排除している

一般的に学生ローンと言えば表中の学生ローンを指しますが、ここでは利用が可能と言う点で一般向けのキャッシングローンでも学生を排除していないものについては扱う事にします。

この他学生が利用出来るキャッシングとしては、クレジットカードのキャッシング枠を利用すると言う形もあります。

学生ローンであっても成人していなければ借りられない場合が殆ど!

このように学生が借りられるキャッシングと言うのは無い訳ではありません。ただし、これ等の学生ローンでも申込条件が有り、その中には年齢制限が有るので、学生と言っても年齢が達していなければ申込みはできません。

この年齢制限の多くは20歳以上ということになっていて、学生を考えた場合は、高校卒業後すぐに大学あるいは短大、専門学校などに通っている場合を想定すると、2年次以降でなければ申込みができません。

中には18歳からでも申込み可能と言う場合も有りますが、それでも、高校卒業後でなければ申込めないのが普通ですから、高校生以下はキャッシングの利用は難しいと考えて下さい。

返済にみる学生ローンと一般向けローンの違い

キャッシングの分類として学生ローンと学生でも申込みができる一般向けローンに分けている理由は主に返済方法に現れています。

まず一般向けの方から説明しておくと、一般向けですから、利用者は学生と言うよりも会社員など安定して収入を得ている人という前提があります。したがって、返済方法としては月々一定の返済を行わなければなりません。

学生が試験期間などでアルバイト収入が減ってしまい、返済が厳しいとしても、一般向けですから返済方法を安易に変えてくれるようなことは有りません。

これに対して学生ローンの場合には、返済方法が比較的柔軟になっており、先程のような試験期間で収入的に苦しい場合には、返済額を減額してくれたり、利息だけ月々支払えば、元本分の返済は不定期でも良いという場合も有ります。

~申込みに必要な証明書類~ キャッシングの申込みでは、本人確認書類と収入の証明書類の提出を要求されますが、学生ローンの場合には学生証の提示が要求されるのが普通ですから、申込みの際には必要書類を確認して用意しておきましょう。

同じ学生でも借入の可否が分れる場合有り!学生ローンの審査基準とは

学生でも一般人でも同じですが、キャッシング等のローンを利用しようという場合、金融機関の審査に通らなければなりません。この審査の目的は要するに返済してもらえるかどうかを予め評価することです。

このため同じ学生であっても融資の利用ができる人とできない人が出てくることになるわけです。

審査は様々な点で行われますが、基本的には返済するための安定した収入が有るかと言う点で、学生と言えどもアルバイト等を行っていて毎月月給と言う形で収入が入って来なければ審査通過は難しくなります。

金融機関によっては審査なしなどと言うところも存在していますが、そういうところは正規登録した業者ではなく、闇金という非正規業者ですから、審査に通りそうにないからと言って、そういった業者を利用してはいけません。

ローンの融資の目的は利益!返済が見込めなければ融資は無し

ローンを利用する場合、審査が行われてこの審査に通過しなければ融資は行われません。金融機関はお金を貸して、それを返済してもらう時に利息を受け取り、それを利益にしている会社です。したがって返済の可能性を見ているのが審査なのです。

審査の詳細な内容は公開されていませんが、概ね次のようなことが調べられています。

  • 申込者が本人であること
  • 申込者に返済できるだけの安定した収入が有ること
  • 申込者が信用できること

もし申込者が誰かを偽って申込んで来たら、それ自体が犯罪ですし、そもそもそういう人は返済するつもりもないと判断されます。

また返済するにはそのもとになる収入が無ければなりませんから、たとえ学生であっても収入を得ていることが前提になります。

更に過去にローンの返済やあるいは電話料金など各種の支払いが滞ったような事が有ると、また同じように返済してくれない可能性も有るということで、信用の評価が下がってしまうことになります。

学生の場合審査通過に必要なのは長期アルバイトで安定収入が有る事

特に学生の場合重要なのが2番目の収入です。先ほど説明したように学生ローンの場合には若干安定性が無かったとしても返済は可能と判断されますが、一般向けの場合には安定した収入が特に重要です。

いずれにしてもある程度の収入が無ければ、審査には通りませんから、学生が何らかのキャッシングを利用しようという場合には、月々月給と言う形で収入が入ることになる長期アルバイトを行う事が必要になります。

短期アルバイトでは、日給や時間給となるため月々入って来るという保証が無く、収入と言う面での評価は非常に低くなってしまい、審査通過は難しくなってしまいます。

審査なしは怪しい!近付いてはいけない金融機関も有る

金融機関の中には審査なしというような事を言っているところも無いとは言いませんが、まっとうな商売をしている業者は必ず審査を行っています。

従って審査なしというような業者を見つけたとしても、そういった業者はいわゆる闇金と言われる業者登録も行っていないような非正規の悪徳業者ですから、絶対に近付かないようにして下さい。

学生の内から厳しい取り立てを受けるようなことにならないように十分注意しましょう。

~融資額には上限が有る~ キャッシングの融資額と言うのは消費者金融の場合には法的に、銀行の場合には内部規定で、年収による上限が決められています。消費者金融や銀行の一部では年収の3分の1、残りの銀行は年収の2分の1程度が上限になっています。

学生ローンを提供する業者の選び方?利用方法で最適なものを選ぼう!

では学生がローンを利用するときに、どのように業者を選べば良いのでしょうか。これは有名どころを選ぶという選び方が有りますが、最も良いのは自分の利用方法を考えて最適なものを選ぶという方法です。

まず決めたいのが学生向けの学生ローンを選ぶのかそれとも一般向けローンを利用するのかと言う点ですが、学生向けは返済で融通が利きますがカードで利用はできません。一般向けならカードで利用するものを選ぶことができます。

また利用場所も考えなければなりません。借入れが業者の窓口だけとかカード利用にしても手数料のかからないATMが近くにあるのかといった問題が有り、自分の利用しやすいものを探さなければなりません。

もう一つあまり関心はしませんが親バレしたくないという場合には、業者からの連絡がどのように行われるのかと言う点も考慮する必要が有るでしょう。

学生ローンを選ぶかあるいは学生が利用出来る一般向けローンを選ぶか

そこでキャッシングを利用しようということになったとして、どのように利用する業者を決めればよいのでしょうか。

これを考えるときに重要になるのは自分の利用方法はどのようなものになるのかということです。

これをよく考えたうえで業者の提供するキャッシングの仕様と比較しながら選ぶようにしましょう。

まず決めなければならないのは学生ローンにするか学生でも借りられる一般向けのキャッシングローンにするかと言う点ですが。それぞれ利用上次のような点を考えておかなければなりません。

ローンの種類 利用方法
学生ローン 振込依頼あるいは窓口
一般向けキャッシングローン ATMあるいは振込み依頼をする

キャッシングと言うと銀行や大手消費者金融のようにローンカードを利用してATMから引き出すものと考えがちですが、学生ローンなどの場合にはATMの利用ができません。

そこで自分はどのような使い方を想定しているかで選ぶキャッシングも違ってくることになります。

利用場所も良く考えてみよう

次に利用場所を考えておく必要が有ります。振込依頼で利用する場合には自宅や出先でも簡単に行えますが、窓口を利用したりATMを利用する場合には、利用できるATMが自分の行動範囲に無ければ使いにくくなってしまいます。

また使えるATMが有ったとしても提携ATMのような場合には利用手数料がかかってしまうことも有るので、なるべく利用手数料のかからないATMが身近にあるものを探したほうがお得な利用ができます。

自宅周辺や学校内あるいは学校周辺などをよく調べておきましょう。

親バレを避けたい場合も要注意!

また学生特有と言っても良い選び方として、親バレを避けられるかどうかと言う点も軽視するわけにはいきません。

あまり勧められる話ではありませんが、親には知られたくないようなお金を借りたいという場合も無いとは言えませんから、キャッシングの申込み時は、自宅に電話がかかるかあるいは何らかの郵送物が有るかを調べておきましょう。

通常自宅に電話が有るのは申込時の何らかの確認が行われますがそれ以外には考えられませんから、申込時だけ注意しておけんば良いはずです。

しかし郵送物と言うのは利用明細と言う形で毎月届くことになるため、何らかの対処が必要です。

どうしても知られたくなければキャッシングによっては利用明細の送付を止められるものも有るので、そういうことが可能なキャッシングを選ぶ必要が有るでしょう。

~インターネット上からの申込みでの注意点~ 最近のキャッシングの申込みではインターネットを駆使して遠隔地からの申込みでも受け付けている業者が有ります。 ただし学生ローンに限りませんが、インターネット上からの申込みができても最終的に店舗に行く必要が有る場合が有るので、申込みの前に必ずこの点を確認しておくようにしましょう。

目的別ローンを利用した方が有利!学費なら奨学金の利用を検討しよう

学生ローンや一般向けのキャッシングは特に利用目的を問われることが無く便利ですが、ローンの中には利用目的を限る代わりに有利な条件で利用出来る目的別ローンというものが有って、学生でも利用出来る場合が有ります。

またもし学費のために借入れを考えているのであれば、そういう目的で非常に有利な条件で貸し付けしている貸与型や、そもそも返済の義務の無い給付型の奨学金が用意されているのでローンでの借入れの前にこれ等の利用も考えてみましょう。

学費が足りそうになく、ローンや奨学金を利用する場合には、出来るだけ早めにどういった方法を利用するのかについて方針を決めて、その準備を始め、必要な申し込みなどを予め行っておくようにして下さい。

利用目的によっては目的別ローンというものが利用可能!

キャッシングの利用を考える場合、必ず利用目的というものがある筈です。ローンはキャッシングローンのような利用目的を限っていないフリーローンと利用目的を限って融資を行う目的別ローンの2種類が有ります。

ですからもし自分の利用目的に沿った目的別ローンが用意されているような場合には、そちらを利用することも考えてみて下さい。

こういう場合どちらがお得なのかと言う話に行きつきますが、一般的に言えばキャッシングローンよりも目的別ローンを選んだほうが融資される金額も大きくまた金利も低いため有利な利用が可能になります。

学費ならまず奨学金の利用を勧める

もし利用目的が学費というような場合には、教育ローンと言う目的別ローンも用意されていますが、まず利用を考えたいのが奨学金です。

奨学金と言うのは経済的に学業が続けられないような人に利用してもらうという目的が有るのですから、この場合打って付けのローンと言えるでしょう。

日本の奨学金制度には大きな問題も有るのですが、単にローンと言う意味で見れば利率も有利ですし、返済も卒業後になるので、学生には使いやすい筈です。

学費の支払いが難しそうなときは早めに対策を考えよう

もし学費の用意が難しいということであれば、予め分かっている筈ですから、国の貸与型奨学金制度の利用も考えられますが、企業が提供していたり、最近国でも提供を始めた給付型奨学金制度の利用も考えてみましょう。

こういった奨学金は例えば大学に入ってから申込むというものではなくて、前年の高校在学中に申込んでおくものや、高校の成績次第というものもあるので、予め良く調べて早めに対策を練るようにしておくことが大切です。

保護者や担任も交えて十分な時間をかけて検討してみて下さい。

~無理な借入れはすべきではない!~ キャッシングを利用する場合には自分の返済能力をよく考えて、返済が難しいような無理な条件の借入れはせず、別な方向で解決策を考える事が重要です。 学生であっても返済できなければ、最悪自己破産しなければならなくなってしまうことを忘れてはいけません。
ここで学生ローンについて纏めておきます。
  • 学生が利用出来るキャッシングには学生向きのものと一般向きのものが有る
  • 返済の可能性を審査することで学生でも借りられる場合と借りられない場合が有る
  • 利用するキャッシング選びは自分の利用方法に合ったものと言う視点で行うと良い
  • ローンには金利的に有利な目的別ローンも有るので自分の利用目的をよく考えて選ぶようにする

学生のうちにお金を借りるのは決してお勧めできることではありません。キャッシングの利用を考えるのであれば、まずは借りなくて済む方法は無いかを考えてみましょう。

最新記事

学費の用意ができず払えないと分った時は、急には奨学...

学生だけではありませんがローンと言うのは借りたら返...

留学の中でもアメリカを希望する人は多いですが、アメ...

12345...1020...
閉じる