学生ローンを調査!親より頼れる金融屋さん探し

ローン選びはお得さが大切!学生ローンと他のローンを比較してみよう

学生が借入れできるローンは学生ローンのように何にでも使えるもの以外にも、利用目的を限った目的別ローンというものが有ります。こういった目的別ローンはフリーローンと比較して金利が低く有利な借入れができる特徴が有ります。

学生の場合移動手段として自動車やバイクが必要と言うのであれば自動車ローンのような自動車の購入に限って利用出来る自動車ローンが有ります。ただしやはり審査にでは返済能力などが問われ、場合によっては保証人を要求されます。

目的別ローンの利用は難しいですが、学生のうちに行っておきたいのが卒業旅行で、歴史の長い国を訪れて異文化に接することは、その後の人生にも良い影響を受けるはずです。

ローンは学生ローンだけではない!もっと有利なローンと比較してみる

学生ローンは学費から遊興費まで何に利用しても構わないため、こういったローンはフリーローンと呼ばれます。これに対して予め利用目的を決めて借入れするローンを目的別ローンと言い、様々な目的別ローンが用意されています。

お得さの面では一般的に目的別ローンのほうが金利が低い設定になっている為、有利な借入れができます。そこでローンの利用を考える場合には、借りたお金を何に利用するのかと言う点を時間をかけてでもはっきりさせておきましょう。

はっきりした目的が有るのであれば、学生ローンでお金を借りるより、そういった目的に利用出来る目的別ローンを探して利用した方が、ずっと有利な利用ができる筈です。

フリーローンと目的別ローンとは

ローンには様々な分類方法が有りますが、用途別に次のように分類されることが有ります。

分類 用途 金利
フリーローン 何に利用しても構わない 18%~20%(最大)
目的別ローン 指定された目的以外には利用できない 1%台~6%台程度(目的によって異なる)

この分類で行けば学生ローンや一般向けのキャッシングの場合は通常事業資金以外なら何にでも利用できますからフリーローンということになります。

こう考えると一見フリーローンのほうが自由度が高くて使いやすいと考えて、利用する場合もフリーローンを選ぼうと思ってしまいますが、実はこの2つを比較した場合、目的別ローンのほうが金利が低くなっている為、利用するには有利なのです。

ローンは使いやすさと言う点も大切ですが、お得さと言う点も非常に重要で、もし自分の利用目的に沿うような目的別ローンが有ればそちらを利用することも考えてみる価値はあるでしょう。

まずは自分のお金の利用目的をはっきりさせよう

そこでローンを利用しようと考えた場合には、そのお金を何に利用するのかということをまず考えてみて下さい。

例えば生活費が足りなくて、借入れしたお金は生活費に利用するというような場合には実際に何に利用したのかがはっきりしませんから、目的別ローンを借りるには無理が有ります。

しかし、例えば自動車を買いたいという場合には、自動車ローンと言う目的別ローンが用意されており、これを利用すれば有利な利率で借りることが可能になります。

自分の目的の沿った目的別ローンが有るか探してみよう

利用目的が決ったら今度はそれに沿った目的別ローンが無いかどうか探してみましょう。自分が日頃利用している口座のある銀行から調べてみて下さい。

目的別ローンと言うのは、銀行なら共通して提供しているようなものもありますが、他には無いようなものを用意している場合もあるので、自分の目的に利用出来るものが無かったとしても、他も探してみる価値はあります。

もしそういった自分の目的に利用出来るものが見つかったら、その申込条件や、どのような仕様になっているのかについて詳細を調べて、自分にも利用可能かどうかを検討してみましょう。

もちろん学生ということになると、なかなか利用が難しい面も有るので時間をかけて利用できるものを探すようにして下さい。

~自分で目的を設定できるローンもある~
目的別ローンに分類するかどうか金融機関によって違いが有りますが、多目的ローンなどと呼ばれるローンが用意されている場合が有り、このローンでは利用目的を自分で指定できるようになっています。キャッシングよりも有利な利用ができるので利用目的に合う目的別ローンが見つからないような場合にはこういったローンの利用も検討してみましょう。

学生で学費以外でお金が必要なケースとは?自動車などの購入資金

学生が学費以外でローンの利用を考える場合、最も多いのは自動車とかバイクの購入資金でしょう。都市部では自動車離れなどと言われる昨今ですが、地方に行くと移動手段として、どうしても欲しいのがこれ等です。

ただし、移動手段がいくらでもある都市部でローンを使ってまで自動車を購入することはあまりお勧めすることはできません。もし都市部の学生で自動車の購入資金を借りたいと考えた場合には本当に必要なのか考えてみて下さい。

自動車を購入する場合、もちろん学生ローンで借りたお金は利用できますが、もっと有利なのが銀行などが提供している自動車ローンと呼ばれる目的別ローンで、学生でも条件を満たせば利用できる可能性はあります。

自動車は地方では移動手段としてどうしても必要なことが有る

学生がローンを利用して購入する必要が有るものとして、まず挙げられるのが自動車やバイクです。

学生が自動車やバイクを買うというのは人によっては眉を顰める人もいると思いますが、地方在住者にとっては移動手段としてどうしても必要な場合が有ります。

ですから大学に進学したらまず免許を取って自動車を購入するというのは、地方の人から見た場合、それほどおかしな話ではありません。

このため自動車やバイクを購入するために最近では学生ローンを利用する人も出てきている訳です。

都市部の場合には借入れしてまで必要なのか見極めなければいけない

しかし都市部に限定すれば移動手段は公共交通機関で十分足りていますから、自動車を購入したいというのは、殆どの場合遊びに利用するためと言えます。

もちろん購入するにはやはりローンを利用するのが一般的ですから、自動車を購入すれば返済に追われることになってしまいます。

ですから、都市部で自動車やバイクの購入はあまり勧めることはできません。

免許を取っておくというのは良いかもしれませんが、必要のないものをローンを使ってまで買うのは止めましょう。

返済に回すお金を貯蓄に回しておけば、いつか本当に必要になった時に借入れせずに自動車やバイクの購入ができるかもしれません。

学生でも自動車ローンの借入れは可能なのか

では学生でも自動車ローンは利用できるのでしょうか。自動車ローンには様々なものが有って銀行の目的別ローンやディーラーの提携ローンなどが利用されますが、最近は徐々に審査が厳しくなってきているようです。

審査でも学生ローンなどと同じように返済の可能性が評価されますが、有利な条件で貸すということはそれだけ審査は厳しくなるということですから、学生での通過はかなり厳しいと考えられます。

また学生によっては18歳で免許を取ってすぐに自動車を購入したいと言う場合も有りますが、こういう場合、自分だけで審査通過はできません。

そこで、借りる方法としては保証人を付けるという方法が有ります。もちろんその自動車ローンで認められればということになりますが、保証人がいれば、自分の信用だけではなく保証人の信用で借りることができるので、審査通過の可能性が出てきます。

~保証人は親を頼るのが良い~
本文では保証人の話が出てきていますが、昔は地域の名士のような人がいて保証人を引き受けてくれていたようなことも有ったのですが、現在では保証人の危険性が知れ渡ってしまって、なかなか引き受けてくれる人が見つかりません。そこで頼れるのが自分の親ということになります。特に地方では自動車の必要性は親も認めている筈ですから、しっかり返済して行くという条件で保証人を頼んでみましょう。
【関連記事】

借入れしてでも行っておきたい卒業旅行!返済可能性は見極めておこう

もう一つ学生でお金を借りたいと考える契機として卒業旅行が有ります。バブルの頃は海外に行く人も多かったのですが、最近では国内が主流です。しかし社会に出る前に異文化に触れることは重要で借入れしてでもぜひ海外に行くべきでしょう。

ただし、なかなかこれに見合った目的別ローンを見つけるのは難しいため、この場合には学生ローンなどのフリーローンを利用することを検討してみましょう。

もちろん卒業旅行後には社会に出て月々給料を貰える見込みが有ればよいのですが、そういった見通しが立っていない場合には、返済が厳しくなることも考えられますから、先々をよく見て返済できると言う前提が無ければ卒業旅行は見合わせてください。

卒業旅行は是非海外がお勧めの理由

最近では下火になりましたが学生がお金を借りる理由として多くなっているのが卒業旅行の費用です。

以前はもっと借り易かったということも有り、海外に行くような人も多かったのですが、最近では経済状態が良くなく、行ったとしても国内旅行が多いようです。

しかしこの卒業旅行のように比較的時間がゆったりと取れるような旅行は社会に出てからはそう簡単に行くことができません。

このため卒業旅行と言うのは大変貴重なもので、借入れしたとしてもぜひ行って来てほしいものです。しかもお勧めなのは海外旅行です。

その理由は日本にいたのではなかなか体験できない、異文化というものに触れることができるからです。

お勧めはやはり東洋的なものと言うよりも欧米でしょう。日本とは別の先進文化に触れてきてほしいと思います。

異文化を知ることで社会に出てからの見識にも影響することは間違いありません。これが卒業旅行を勧める理由です。

目的別ローンでの借入れは難しい

この卒業旅行に利用出来得るような目的別ローンはなかなか探すのは難しいでしょう。銀行には旅行やレジャーに利用出来るようなものも有りますが、やはり学生となると借入れは厳しいでしょう。

また旅行会社などが提携しているトラベルローンというものも有りますがやはり学生となると利用が難しいようです。

このため卒業旅行の費用を借りるという場合、やはり学生ローンや一般向けのキャッシングローンということになるでしょう。

ただし最近では大学卒業内定者ローンというようなものが用意されている銀行も出てきているので、そういったローンを利用することも考えてみる価値はあります。

返済は主に卒業後になるので返済の可能性の見極めが重要

もしこの時点で学生ローンを利用したとしても、すぐに卒業してしまって返済は主に卒業後ということになるので、卒業後就職するのであれば定期収入が見込めるので、返済に行き詰るような可能性は低いでしょう。

卒業前と言うのは学生ローンを利用するには絶好に時期と言えそうです。また一般向けのキャッシングローンでも卒業後は試験などで収入が減って返済が難しくなるような時期が有る訳でもないので申込んでも返済が見込めます。

ただし、就職が決まっていない、あるいは大学院などに進学予定というような場合には、収入的には保証がなく、返済の見通しがつきません。そういう場合には、せっかくの機会ですが、卒業旅行のために無理な借入れはすべきではありません。

~卒業旅行は専門家に相談したうえで計画を立てよう~
本文で説明しているように卒業旅行と言うのは是非行ってほしいのですが、自分で計画を立てるのはやはり無理が有ります。せっかくの機会ですから旅行会社などに相談して、有意義な計画を立てるようにして下さい。

学生のうちにするべきことを見極める!必要の無い借入れは避けよう

自動車購入と卒業旅行について見てきましたが、ローンと言うのは返済の義務が生じ、それに縛られる事になりますから、本来は学生での借入れは勧められません。しかし卒業旅行のように学生時代でなければできないようなことも有ります。

そこでまず自分のしたいことをリストアップして、その中からお金を借りてでもしておくべきことは何かを考えてみましょう。それについては敢えて借入れは止めません。

しかしそれ以外については、借入れしなくてできるのであれば構いませんが、そうでなければ社会に出て自分でお金を貯めてからでも遅くは有りません。学生の間に無駄に利息を払う必要などないのです。よく考えて安易な借入れは止めましょう。

自分のしたいことをリストアップしてみよう

自動車購入と卒業旅行で学生がローンの利用を考える理由を見てきましたが、ここではっきりさせておきたいのは、基本的にはローンは利用すべきものではありません。それは借りたものは返さなければならないかです。

学生と言うのは勉学中心の生活を行うもので、ローンの返済のような心配事を抱えるのはあまり勧められないからです。

しかし勉学以外にも様々なことをしたいと考えるのがこの年代の良いところでもあります。

そこでまず自分のしたいことや欲しいものをリストアップしてみて下さい。

自動車の購入もあれば卒業旅行もしたいという事であれば、まずはこのリストに加えておきましょう。

お金を借りてでも学生のうちにすべきことは何か

もちろんそのリストが学生の間にすべて実現できるということはまずないでしょう。そこで行ってほしいのが、学生生活を送るうえでどうしても必要になるもの、そして学生の間でなければできないものを明確にすることです。

例えば地方での自動車購入や、卒業旅行などはこれ等に当たります。そういったものは時期を見てローンを使ってでも実現させるようにして下さい。

学生時代に悔いを残さないようにする為には、この見極めは極めて重要です。見極めたらどのように実現していくのか計画を練って、なるべく借入れが少なくなるようにアルバイトの計画も立ててみましょう。

残りは社会人になってお金を貯めて借入れせずに実現することを考える

リストアップしたものの中には学生時代でなくてもできるものも含まれている筈です。そういったものは何も学生時代に行ったり、購入したりする必要はありません。

社会に出て、自分で稼ぐようになってからであれば、借入れ無しで実現することも可能でしょう。それまでの楽しみにしておくようにしましょう。

何も学生時代でなくても実現できることは幾らでもあります。慌てずに人生を充実させるようにじっくり取り組んでください。

~借金は損失だということを忘れてはいけない~
現在のように様々なローンが用意されてお金が借りやすい時代になると、すぐにそういったローンを利用したくなりますが、ローンと言うのは利息を払わなければいけない分、損失だという事をよく覚えておきましょう。ローンを利用して目的を実現させてから返済して行くよりも、そのお金を貯めてから実現させた方が有利だということを、借りたくなった時には思い出してください。

ここでローンの比較によるローン選びについて纏めておきます。

  • ローンは学生ローンのようなフリーローンだけではなく金利的に有利な目的別ローンも有る
  • 地方では移動手段として自動車が必要でローンを利用して購入する人が多い
  • 卒業旅行は学生時代にしかできないのでローンを利用してでも行っておくべき
  • 学生のうちに行っておくべきものとそうでないものを見極めて適切なローンの利用を考える

学生時代はやりたいことがいっぱいあってお金がいくらでも欲しい時代です。しかしそれでは返済できなくなってしまいかねませんから、しっかり計画を立てることが重要です。新しい学校に入ったらまず卒業までに何をするのか計画を立ててみて下さい。

最近では就活の前に美容整形しておきたいと考える学生...

12
閉じる
閉じる