学生ローンを調査!親より頼れる金融屋さん探し

学生のうちに永久脱毛しときたい!どのようなローンが利用できるの?

永久脱毛は学生でも可能ですが、医療機関でも保険の適用は無いので、全額自費で行わなければなりません。費用は利用する業者や期間によって大きく違いますから、高額の支払になる場合が有ります。

支払が難しい場合には、ローンを利用することになり、様々なローンの利用が考えられますが、学生の場合現実的なのは、業者の提携ローンか学生ローンと言うことになり、場合によっては保証人が必要です。

ただし、ローンですから、返済して行かなければならないので、借入れの申込みをする前に、自分が返済できるのか計算してみる必要が有ります。

また急ぎでなければ貯蓄してから行うようにして借入れを避ければ、有利でしかも後々返済して行く負担も有りません。

永久脱毛は学生でも可能!費用は利用業者や期間で大きく違う

以前は脱毛を考える学生などあまり聞きませんでしたが、最近では経済的な余裕ができたという面も有って、学生のうちに永久脱毛をしたいという学生も珍しいことではなくなりました。

永久脱毛と言うのは、そう簡単にできるものではなく、完全にできるというものでもありません。時間をかけて何度か施術を受け、徐々に永久脱毛に近付いていくものと考えて下さい。

永久脱毛を行っている業者は医療機関と脱毛業者があり、医療機関の場合には医療器具が利用出来るので、必要な期間は短くなるのが普通です。

費用的には利用する器具や施術回数、脱毛の範囲によっても大きく変わってくるので、まず自分の希望する施術の費用はどの程度かかることになるのか確認が必要です。

永久脱毛とは?

永久脱毛と聞くと文字的には1度行えばもう永久に毛は生えてこないと読めてしまいますが、毛というものはそう簡単に無くすことはできません。

永久脱毛の施術を受ける場合も何度かに分けて行って、徐々に無くして行くものと考えてください。

しかも1回1回の施術は一カ月程度の期間を置いて何度も行う必要が有るので、永久脱毛と言うのは時間がかかるものだという認識を持つ必要が有ます。

また施術の実施回数のほか部位によっても、掛る費用が変わってくることになるので予め実施業者ともよく話し合って、どの程度の費用の用意が必要になるのかを把握しておかなければなりません。

永久脱毛を行ってくれる業者は医療機関と脱毛業者

では永久脱毛と言うのはどのような業者が行っているのかと言うと、次のような業者が有ります。

業者 目安となる施術回数(期間)
医療機関 6回(1年)
エステサロンや脱毛サロンなどの脱毛業者 18回(3年)

このため、まず決めなければならないのは医療機関で行うのか脱毛業者で行うのかということです。

期間が大きく違うのは医療機関のほうが医療用レーザーなど強力な機器が利用できるためです。

例えば卒業まで1年しかなく、どうしても学生の間に脱毛したいという場合には、医療機関で行ったほうが良いということになります。

永久脱毛に掛る費用

では費用はどの程度かかるものなのでしょうか。これは業者によって千差万別で、脱毛する部位によっても大きく違います。

また自分はどのような装置を利用したいかによっても変わってくるので、実際には施術を受ける業者で確認することが必要です。

したがって次に示すのはあくまで目安ですから注意してください。

業者 費用
医療機関 1万円程度~20万円程度
エステサロンや脱毛サロンなどの脱毛業者 100円~30万円程度

概ね月に1回程度施術を受けることになりますので、その都度支払うような業者では一回一回はそれほど高額にはなりませんから、どのように支払うかも気にしておくと良いでしょう。

~業者選びにも気を付けよう~
整形手術もそうですが永久脱毛でも、施術者の技能によって大きく結果が違ってくるので、業者選びをする場合には、費用も問題かもしれませんが、評判などもよく調べたうえで決めることが必要です。

永久脱毛の費用に利用出来るローンとは?業者の提携ローンが一般的

永久脱毛の場合費用にもよりますが、自己資金だけでも足りる可能性はありますが、学生の場合多少高額になってくると、自己資金では難しくなるのでローンの利用が必要になる事も考えられます。

学生が利用出来るローンとしては、医療機関や脱毛業者が提供している信販会社との提携ローンかあるいは何にでも利用出来る学生ローンと言うのが現実的でしょう。

ただし提携ローンの場合には、返済能力の評価によっては学生本人だけでは融資できないと判断される時が有り、別途保証人を要求される事が有るので要注意です。

永久脱毛に利用出来るローン

説明したように施術範囲によって高額になる事も有りますが、部分的に永久脱毛を行う程度であれば、それ程高額になる事はりません。

学生にはちょっと高額に感じるかもしれませんが、それでも手が届かないという金額でもなさそうです。

ただし、病気ではないので医療機関で行うとしても健康保険は適用にならなず、それ程安くもありません。

このため急いで行う必要が有り、すぐにはお金が用意できないから借入れをして施術を受けたいと考える場合は有るでしょう。

そこで永久脱毛に利用出来るローンにはどのようなものが利用出来るのかと言うと、概ね次のようなものが考えられます。

  • 銀行などの医療ローン或は多目的ローン
  • 業者と信販会社の提携ローン
  • 学生ローンを含むフリーローン

これ等の内のどれかを利用することを考えてみましょう。

学生が利用できるものは業者の提携ローンか学生ローン

これ等のローンのうち学生でも借りることができそうなものとしては提携ローンと学生ローンと言うことになります。

銀行などのローンの場合には審査が厳しく学生のような収入が少なく安定性にも疑問符が付くような場合には、申込んだとしても審査に通る可能性はまずありません。

これは返済が行われなければ金融機関の損失に繋がるからです。

しかし提携ローンの場合、施術業者は永久脱毛で利益を得ているわけですから、ローンを利用して実際に施術を受けて貰わなければ利益に繋がりません。

このためこういった提携ローンの場合、審査を厳しくしてしまうと利益に繋がらないので、比較的審査は緩くなり、学生にも可能性が出てくるわけです。

学生ローンの場合には利用目的は問われず、審査も緩いので利用できる可能性は高いですが、提携ローンよりも金利が高いので、利用できるのであれば提携ローンの利用を勧めます。

提携ローンの場合には保証人を要求される事が有る

ただし、いくら提携ローンでも返済ができなければ、提携している信販会社の損失になってしまいますから、誰にでも貸すということは有りません。

返済能力が低く返済は厳しいと判断されれば、やはり審査通過は難しくなります。

しかし、多くの提携ローンの場合には、こういった人でも、別途保証人を付ける事が出来れば、審査に通過できるようになっています。

特に学生の内でも未成年と言う場合には、必ず保証人が必要になるというものが有るので、利用する場合には利用条件をよく確認しておきましょう。

~まず親に相談してみよう~
本文では保証人が必要になるという話をしていますが、保証人と言うのは借り手が返済できなくなった時に代わって返済してくれる人のことです。

以前はこういった保証人を引き受けてくれる人も周囲にそれなりにいたのですが、最近では保証人が危険だということが認識されるようになって、そう簡単には引き受けてくれません。

このため現実的には保証人を引き受けてくれるのは親ということになります。ですから保証人が必要な時はまずは親に相談してみることから始めましょう。

ローンを借りたら返済が必要!申込前に返済の可能性を計算してみよう

ローンと言うのは借りたら返さなければなりません。返せなければ最悪自己破産ですから、まずは借入れを申込む前に、月々いくらの返済になるのか調べておく必要が有ります。

次に必要なのは自分が月々いくらまでなら返済して行くことができるのかという自分の返済能力を計算してみることです。収入が安定しない場合には、最も返済能力が少なくなる時を見極めておきましょう。

もし自分の返済能力では返済が難しいと判断できる場合には、永久脱毛は先に延ばして、就職後にすることも検討してみましょう。どうしても学生の内に行おうと考える必要は無いのではないでしょうか。

借りた場合月々の返済はいくらになるのか調べてみる

ローンを借りる時は審査に通るかどうかばかりが気になって、その後のことはあまり考えませんが、ローンで重要なのは借りられるかということではなくて、返済できるかということです。

このため、永久脱毛をローンを借りて行う場合も、まずは自分が返済して行けるのかどうかを検討してみることが必要です。

ですからまず行わなければならないのは、利用するローンの月々の返済額を確認することです。

ローンというのは借りたお金を月々分割で返済して行くというのが基本です。

提携ローンの場合には、月々の返済は利息分に元金分を加えて、返済額が一定になるというような方式が一般的で、収入が月々一定になる会社員などには返済の見通しが良くなります。

しかし学生のようにアルバイト時間によって収入が上下し、安定性が低い場合には、返済額が一定と言うのがかえって返済しにくい原因になるのです。

そこでまずは利用するローンが月々どの程度の返済額になるのか大変重要になります。

自分が月々いくらまでなら返済できるか計算してみる

次に必要になるのが自分が月々いくらまでなら返済できるのかを計算してみることです。

これには自分が毎月どのくらいの余裕が有るのかが分らなければなりませんから、一年ぐらい前から月々の収入から支出を差し引いて収支を計算してみる必要が有ります。

収支が計算できたら、その中で最低額になる月を基準にして返済することが可能かを考えます。そこで収支の最低額と月々の返済額が次の関係を満たしているかどうかを確認してみましょう。

月々の収支の最低額 ≧ 月々の返済額

もし満たしていなければ、返済できない月が今後も無いとは言えないということになるわけです。

返済できそうになければ永久脱毛は先に延ばそう

計算の結果返済できそうにない場合には、無理して借入れするのはお勧めできません。永久脱毛は行ったが、自己破産してしまったのでは話になりません。

そういった場合には次に学生ローンの利用を考えてみましょう。

学生ローンの返済方式と言うのは、月々必ず返済しなければならないのは利息分だけで、元金の返済分は、返済期限までなら何時返済しても構わないというような方式を採用している場合が多くなります。

このため収入の安定していない学生の場合利用しやすく、無理な返済も回避できます。

もちろん返済は必要ですから、学生ローンを利用する場合も同じように返済の可能性を確認する必要はありますが、返済可能と言う人は多くなるはずです。

学生ローンでも返済は難しいというような場合には、永久脱毛は先に延ばして、就職後に改めて考えるようにしたほうが良いのではないでしょうか。
~自分のお金の管理ができていなければ借入れは危険~
本文では返済の可能性の有無を収入と支出から収支を計算して判断するように説明しており、そもそも収入と支出が分らなければ駄目な訳です。

そのためには日頃から自分のお金と言うものがしっかり管理されていることが前提になります。しかし収入は分っても支出は分らないという人は多い筈です。

お金を借りるようなときは重要な判断材料になりますから今日からでも管理を始めてみてはいかがでしょうか。

貯蓄してから永久脱毛することも考えよう!借りるよりもお得

永久脱毛は説明したように例えば整形手術を行うという場合などに比べて、費用はそれ程高額とは言えません。ですからアルバイトで自己資金を用意する場合でもそれほど時間は必要ではないはずです。

ですからあとあと返済を続けて行くよりも、まずは貯蓄をして必要なお金を用意してから施術をうけたほうが、安心して永久脱毛できるはずです。

また社会人になれば安定して収入が入って来るわけですから、その時に永久脱毛を考えても遅くはないでしょう。永久脱毛の緊急性は低いですから学生のうちに負債を背負うのはあまりお勧めできません。

永久脱毛の費用程度であれば貯蓄するにもそう時間は必要ない

先程もふれましたが、永久脱毛は費用としては例えば整形手術のような高額のお金が必要な訳ではありません。したがって本来であれば借入れで行うよりも、自己資金を用意してから行うべきものです。

借りたとしても結局その後アルバイトを行って返済して行く訳ですから、先にアルバイトで稼いでから永久脱毛しても、大きな違いはないはずです。

ですから行き当たりばったりで借入れして永久脱毛するのではなくて、学生のうちに永久脱毛をするのであれば、予め計画を練って、早い時期に貯蓄を始めれば、卒業前には脱毛が終わるように出来るはずです。

例えば月々アルバイトをして5万円貯蓄できれば3か月で15万円貯まります。これだけ用意すれば、多くの業者で施術を受けることができます。

また夏休みなどの長期休暇を利用すれば、一カ月でもかなり貯められるでしょう。

つまり先に貯蓄をしたとしても、3か月程度の差しかないのです。

借りるよりもお得で返済の必要もない

もし借入れせずに自己資金だけで永久脱毛できれば、お金は借りませんから、その後続くことになる返済も必要ありません。

返済が必要ないということは万が一返済できなくなって信用を失うような危険性も無いのです。

しかも利息を払う必要も有りませんから、その分お得に永久脱毛が出来るわけです。

ですから永久脱毛を考えるのであれば、借り入れを考えるのではなくて、まずは貯蓄して必要なお金を作ることを考えてみてはいかがでしょうか。

永久脱毛は社会人になってからでもできる

もし自分は学業が忙しくてアルバイト時間はそう長くは取れないという場合には、必要なお金が貯まるまで時間がかかりますし、借入れしたとしても返済していけるとは限りません。

そういう場合には、無理して学生の間に永久脱毛する必要性は有りません。

社会人になって、安定した収入を貰うことができるようになってからでも特に遅いということはないはずです。

例えば毛深いことがコンプレックスになっていたとしても、急いで危ない橋を渡る必要はありません。

よく考えて先に延ばすことも必要なことだと考えるべきでしょう。

~そもそも永久脱毛が必要なのかよく考えてみることが必要~
本文では永久脱毛をするという前提で話を進めていますが、実際永久脱毛を考えた場合には、まず本当に永久に脱毛してしまうことが必要なのかということから考えてみましょう。

脱毛してから元に戻したくても間に合いません。よく考えて必要性を判断してください。

ここで学生のうちに永久脱毛する場合のローンの利用について纏めておきます。

  • 永久脱毛は学生でも可能で費用は業者や期間で大きく違う
  • 永久脱毛で学生が利用出来るローンは業者の提携ローンか学生ローン
  • ローンを申込む前に自分が返済して行けるか計算して確認しておくことが必要
  • 貯蓄をしてから永久脱毛をすれば借入れの必要が無く返済の負担も生じない

永久脱毛は整形手術のように容貌が変わってしまうということは有りませんが、やはり申込みの前に親には相談しておくようにしましょう。

閉じる
閉じる