学生ローンを調査!親より頼れる金融屋さん探し

運転免許証取得費用はどう借りる?学生ローンより有利な借入方法とは

学生になったら運転免許証の取得をしたいと考える場合は多いですが、30万円程度必要になるため、運転免許証取得ローンや何にでも利用出来るフリーローンの利用を考える人が多いようです。

運転免許証取得ローンは銀行や信販会社が提供しており、教習所と信販会社の提携ローンも存在しています。

ただし銀行の運転免許証取得ローンの場合、審査での返済能力や信用の要求が高く利用は難しい為、利用するとすればその他のものになるでしょう。

金額的には学生ローンでも賄える可能性が有りますが、金利を考えた場合には、やはり学生ローンの利用は不利です。

またもし急ぎでなければ自己資金を用意して借入れしないという方法も考えるべきでしょう。

運転免許証を取りたい!費用はローンで借入可能なの?

ローンを借りようと言う場合本人確認書類の提出が必要になりますが、この書類に利用できるものの代表格が運転免許証です。

このように運転免許証と言うのは運転できるだけではなく大変有用で取得しておくに越したことは有りません。

運転免許取得費用と言うのは、方法や教習の状況によって変わってきますが、概ね30万円程度と言われ、学生の場合、そう簡単に用意できる金額ではありません。

このため学生の中にはローンの利用を考える場合が有り、利用出来るローンとしては、様々な運転免許取得ローンと利用目的自由のフリーローンを挙げることができます。

運転免許証取得の必要性

最近は若者の自動車離れが進んでいると言われますが、実際、都市部にいれば自動車を運転する必要と言うのはまずありませんから、運転免許証も必要ないと考える人も出てくるようになりました。

しかし運転するしないは別にして運転免許証と言うのは写真付きの身分証明書としては大変便利に利用できると言う面を持っています。

例えばローンを借りるにしても本人確認書類は運転免許証の提示を原則にしている場合も有ります。

ですから運転免許証と言うのは持っているだけで便利なものになることが有る訳です。

こういうわけで最終的には本人次第ということになりますが、運転することはないという場合でも、機会が有れば運転免許証を取得する事を勧めます。

運転免許証取得にかかる費用とは

運転免許証の取得には教習所に通わなければなりませんから、それなりにお金がかかるため、特に安定収入とは言えない学生にとっては、そう簡単には行きません。

では実際運転免許を取得するためにはどの程度のお金がかかるものでしょうか。

こういった費用を考える場合、どのように教習を受けるかによっても変わってきます。現在では教習を受ける場合、自宅などから教習所に通学する場合と、合宿する場合の2つの方法が有ります。

それそれに掛る費用は概ね次に示す程度と言われています。

教習方法 必要費用
通学 28~35万円
合宿 20~25万円

ただし教習中に試験に落ちてしまうと、さらにプラスされるため40万円以上かかってしまうことも無いとは言えませんし、教習所によっては夏休みなど混み合う時期は高額化することもあります。

したがって、概ね30万円程度は掛ると考えておかなければなりません。

運転免許取得のために利用出来るローン

もちろん学生が自己資金で30万円をすぐに用意できるかと言えばそんなことは有りませんから、現在では教習費用をローンで賄う人も増えています。

では運転免許取得のために利用出来るローンにはどのようなものが有るのかと言うと、次のようなローンが利用できます。

  • 目的別ローンの運転免許証取得ローンあるいは多目的ローン
  • 利用目的が問われない学生ローンを含むフリーローン

どれを利用するかは利用者が自由に決めて構いませんが、どれも審査が有るので審査通過が見込めるものを選ばなければなりません。

~身分証明に利用出来る書類~
本文では運転免許証は身分証明書になる事を説明していますが、運転免許証以外で写真付きの証明書類には次のようなものが有ります。

  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住基カード

パスポートは島国の日本ではそうそう外国に行くことが有りませんから、取得している人は非常に少なくなりますし、その他は持っていたとしても見せるのが憚られるものです。

このため運転免許証と言うのは大変便利な位置付けになっているのです。

運転免許取得ローンは学生でも借りられる?銀行のものは難しい!

運転免許取得ローンと言う場合、すぐに銀行の目的別ローンの一つを考えますが、この他にも信販会社が提供するものや、自動車教習所と信販会社が提携して提供しているものや大学生協のものがあります。

ローンの審査と言うのは、本人確認を始め返済能力や信用の確認が行われる事になり、このうちのどれか一つでも問題が有った場合には審査の通過は難しくなります。

運転免許証取得ローンでも銀行のものの場合には、審査通過は難しく申込みは慎重に考える必要があるので十分注意してください。

これに対して信販会社が単独で提供しているものや教習所との提携ローンあるいは大学生協のものは学生でも審査通過の可能性があります。

運転免許証取得ローンにはどのようなものが有るのか

では運転免許証取得ローンというものにはどのようなものが有るのか、もう少し詳しく見て行くことにしましょう。

審査通過の可能性はともかく、学生が申込みができそうな運転免許証取得ローンには次のようなものが有ります。

  • 銀行の目的別ローンの運転免許証取得ローン(或は多目的ローン)
  • 信販会社の運転免許取得ローン
  • 大学生協の運転免許取得ローン

この内信販会社の運転免許取得ローンには教習所と提携して提供している場合もあります。

ローンの審査ではどのようなことが行われるのか

そこでどの運転免許証取得ローンを選べば良いのかということになりますが、審査に通過できなければ借入れすることができませんから、審査通過の可能性を考えなければなりません。

そこでまずは審査ではどのようなことが行われているのかを確認しておきましょう。

審査と言うのは要するに貸したお金を返済してくれる人かどうかということを金融機関が見極めるために行っているものです。

この審査は各ローン毎に決められている審査基準によって行われていますが、この審査基準の内容によって審査の難易度が変わってきます。

そこで審査基準を見れば自分が通過できるかどうかが分るということになりますが、残念ながら審査基準は公開されていません。

このためどのようなことが審査に対象になっているかを説明しておきます。審査では次のようなことについて確認や評価が行われます。

  • 申込者が本人である
  • 申込者に返済できる安定収入が有る
  • 申込者が信用できる

実際にはこれらについて様々な角度から審査が行われるわけです。

ですから返済できるだけのお金が稼げていない場合には審査通過は難しいということになります。

銀行のローンは学生では審査通過が難しい

これ等の運転免許証取得ローンの中では、金利的に考えて銀行のものがもっとも有利になりますが、残念ながら銀行のものは学生や未成年の場合まず審査には通してくれません。

これに対して信販会社の場合には学生でも収入さえあれば通してくれる可能性が有りますが、未成年の場合には、保証人が必要な場合も有るので、そういう場合には、親などにお願いしなければならなくなります。

大学生協の場合には、学生には借り易い設計になっていますが、未成年あるいは申込者全員に保証人が求められたりするので、生協に問い合わせて確認しておく必要が有るでしょう。

~保証人とは?~
保証人と言うのは借り手が何らかの理由で返済途中で返済に行き詰ってしまった時に、借り手に代わって返済をすると保証する人を言います。

特に連帯保証人と言う場合、自分が借りたのと同じ意味になるので、引き受けるときは慎重にならなければなりません。

現在では保証人の危険性が知れ渡ってしまっているので、なってくれる人は親兄弟などの家族以外は難しくなってしまいました。

学生ローンと運転免許証取得ローンのどちらを使うべき!

では運転免許証取得に利用するローンは学生ローンが良いのか運転免許証取得ローンが良いのでしょうか。

金利的に考えた場合には、学生ローンよりも運転免許証取得ローンのほうが低く設定されていて利息は少なくなることが見込めるのでこちらの方がおすすめと言えるでしょう。

しかし審査の難易度から考えた場合には、学生ローンのほうがずっと緩いと考えられるので、返済能力が低い場合には、学生ローンを選んだほうが無難と言えるでしょう。

ただしどちらも返済ができなければはじまりませんから、返済方式をよく理解して、自分が確実に返済できる方を選ぶことが重要です。

お得だからと言って運転免許証取得ローンを選んで返済できなくなってしまうというような事が無いようにしてください。

金利的に考えれば運転免許証取得ローンのほうがお得

ではもう一つのフリーローンについても考えてみましょう。学生が比較的容易に利用出来るフリーローンに学生ローンがあります。

そこで運転免許証取得には運転免許証取得ローンと学生ローンのどちらを選べば良いのかという事になります。

まずお得さから考える為に金利を比較してみましょう。両者の金利は次のようになっています。

ローン 金利
信販会社の運転免許証取得ローン 13%台
大学生協の運転免許証取得ローン 9%台
学生ローン 16%台~20%

これを見れば分かりますが、大学生協は学生への支援と言う目的も有り大変有利な金利設定になっているのがわかるでしょう。

信販会社のものも生協よりも高くなるとは言え、フリーローンに比べれば有利な借入れができます。

学生ローンの場合は、金利的には最も不利ということになります。

審査は学生ローンのほうが通過しやすい

しかし審査の通過の可能性と言う面では、通常金利が高いほうが緩くなりますから、学生ローンが最も借り易いと言えるでしょう。

もちろん大学生協のものも学生には通過しやすいと考えられますが、申込条件などに制約が有る場合も有り、学生ローンほど申込みが簡単ではありません。

しかも学生ローンの場合、審査のスピードも速く、業者によっては申込み当日に、学生の口座に振込みを行ってもらうことも可能です。

もちろん学生ローンも収入が無ければ借入れはできませんが、これ等の中では、最も借り易いと考える事ができ、収入が不安定というような場合には学生ローンのほうが無難でしょう。

返済の可能性を探って利用するローンを決めよう

そこでこれ等の特徴をよく理解したうえで、自分が審査に通りそうなものを選ぶことになりますが、ローン選びではもう一つ重要な点が有ります。

それは返済できなければならないと言う点です。審査に通過できたからと言って返済ができるという保証は全くありません。

金融機関の審査での返済能力の評価は、世間一般の評価基準で行われますから、個々のケースで実際に返済できるかどうかはなかなか判断できないのです。

そこで借入れの前には自分の経済状況を自分で判断して返済の可能性を調べてみる必要が有る訳です。

そのためにはまず各ローンの返済方式を理解して、月々の返済額がいくらになるのかを計算してください。

次に1年程度遡って、月々の収入から支出を差し引いて収支を計算し、それが月々の返済額以上あるかを調べてみましょう。

もし返済額分の余裕が無いということになった場合には、返済は難しいと判断した方が無難です。
~ローンの返済ができなくなったらどうなってしまうか~
ローンの返済が途中でできなくなってしまった場合には、差し押さえなどに進んでしまうか、或は債務整理を行って最悪自己破産することになります。

そうなってしまうと、その記録は長く残り、その間ブラックとして扱われるので、就職後にも影響することになってしまうでしょう。

自己資金を用意するという方法も考えよう!それが最もお得

運転免許証取得のための費用を用意する方法は何も借入れする方法だけではありません。30万円程度であれば、アルバイトをして全額自己資金で支払うことも可能です。

この場合、30万円貯まるまでに時間が必要と言う面が有りますが、用意できてしまえば、返済の必要が無く、借りているわけではないので利息の支払いが必要なく、もっとも有利な方法と言えるでしょう。

この話は学生時代に限った話ではなく、就職後も有利さを考えれば、何かを行う場合やはり貯蓄をして、借りずに済ませたり、借入額を少なくする事を考えるようにしましょう。

運転免許証取得程度の金額なら自己資金を用意する方法も有る

ここまでローンで借入れをして運転免許証取得費用を作ろうと考えてきましたが、お金の調達方法は何もこれだけではありません。

借りられるかどうかを心配するような手段ではなくてもっと確実な方法が有ります。それは事前に自己資金を貯めることです。

ローンというのはすぐには大きなお金が作れないから利用するもので、家を買ったり自動車を買ったりする場合には必要なものと言えるでしょう。

しかし運転免許証取得費用と言うのは30万円程度ですから、貯められない事はありません。

学生の場合、入学後の夏休みに運転免許証を取ろうと考える人も多いですが、まずは夏休みにアルバイトで稼いでおいて、次の長期休みである春休みに教習所に通っても、それほど大きな違いは無いはずです。

夏休みだけのアルバイトでは足りず、春休みもアルバイトをして、次の年の夏休みになったとしてもやはり卒業までには十分間に合います。

借入れするよりもお得に運転免許の取得ができる

この自己資金を用意する方法の場合、借入れするよりもお得なことにも注目しましょう。

借入れする場合には、借りたお金を返済しなければなりませんから、それに対する負担も大きいですが、さらに借入れした元金の他に利息を支払う必要が有り、差し引き損失が生じます。

これに対して、先に貯蓄する方法であれば、返済の負担は有りませんし、それに伴う利息に支払いも有りません。それだけではなく貯蓄する訳ですから微々たるものかもしれませんが逆に利息がもらえます。

つまり多少運転免許の取得時期は遅くなってしまいますが、大変お得な取得方法と言えるでしょう。

借りる前に貯蓄を考える習慣を付けよう

最近ではキャッシングというような便利なものができて、比較的簡単にお金を借りることができるようになりましたが、借りれば利息が発生して損失が生じていることを忘れてはいけません。

これは運転免許証の取得と言う場合だけではなく、将来的に様々なお金が必要になった時も同じ事です。

お金が必要になった場合には、まず借り入れを考えるのではなく、貯蓄を考える習慣を身に付けましょう。

借りるにしても、できるだけ自己資金を用意できれば、その分借入額は少なくできます。そうすればそれに掛る利息も少なくなり損失も減る訳です。

~自分のお金を管理することが重要~
お金を借りたり貯蓄をしたりするときに重要になるのは自分のお金を正確に管理することです。

これができていれば、自分の収入や支出を正確に把握でき、返済の可能性も計算できますし、必要になるお金も正確に分かり、余分な借り入れを回避することも可能です。

ここで学生の運転免許証取得のためのローン利用について纏めておきます。

  • 運転免許の取得には運転免許証取得ローンや学生ローンの利用が可能
  • 運転免許証取得ローンは銀行のものの利用が学生には難しく信販会社や大学生協のものが利用出来る
  • 学生ローンと運転免許証取得ローンを比較すると運転免許証取得ローンのほうが有利だが学生ローンのほうが審査は緩い
  • 自己資金を用意して運転免許を取ったほうが時間はかかるが有利に取得出来る

運転免許証取得では出来るだけ余分な費用が掛からないようにするために試験に落ちないように集中して頑張ってください。

閉じる
閉じる