学生ローンを調査!親より頼れる金融屋さん探し

奨学金は学生の入学後の申込みになる!入学金に利用出来るローンとは

奨学金を利用する場合、申込みは入学後で当然受給も入学前には行われません。

しかし例えば大学を考えた場合、入学金は合格後入学前に支払う必要が有るため、奨学金を受給してからでは間に合わず、これ等のお金は別途用意しておかなければなりません。

このため自己資金で用意できない場合には、教育ローンあるいは何にでも利用出来るフリーローンで借入れを考える必要があります。

ただし教育ローンの場合、奨学金のように収入が無い学生自身が借りるのは難しいので、保護者が借りることになります。

このため学費を借入れで賄う場合には奨学金や教育ローンをどのように利用するか保護者と一緒によく考えておく必要があるでしょう。

奨学金では入学金は賄えない?受給開始は入学後になってしまう

奨学金にはいろいろとありますが、日本で奨学金と言えば国の貸与型のものを指すのが普通です。この奨学金は入学後に各学校で説明会が行われ、その後申込みが行われる事になります。

申込みが入学後ですから、受給開始は当然入学後になってしまいます。

しかし大学などの場合入学試験後に合格発表が有り、その後で入学金などの支払いをおこなって入学ということになるので、入学金などには奨学金の利用はできないということです。

もしこれから奨学金を利用しようと考えているのであれば、申込手順や支給開始がいつごろになるのかと言った点について、事前に内容を確認して、お金必要な時期に間に合うかを確認しておきましょう。

奨学金の申込みは入学後に行われる

日本はデフレを経験して経済的に大変苦しい時期をくぐってきたため、親の世代の収入が減ってしまいました。しかし学費と言うのは下がるような事は無く良くても高止まり、悪くすると更に高額になっています。

このため現在では多くの学生が奨学金を利用して学費を賄っています。

この奨学金は国の学生支援機構と言うところのものを利用するのが普通で、この奨学金は学校に入学後に各学校内で説明会が有り、申込みを行うことになります。

受給開始は入学後になるので入学金の支払には間に合わない

では実際に掛ってくる学費にはいつどのようなものが有るかというと、初年度の場合、学校に支払うものとしては入学金と前後期の授業料ということになり、この他さらに教材費等が掛ってくることになります。

特に入学金や前期分の授業料と言うのは合格後入学前に支払う必要が有ることに注意しなければなりません。

奨学金は申込みが入学後になるため、実際に受給できるのはその後ということですから、この入学前にかかる費用にあてることはできないわけです。

奨学金利用を予定している場合には事前に内容を確認しておこう

このように奨学金では学費を賄えない部分が有る訳です。

ただ漠然と学費は奨学金で賄えばよいと親子で安易に考えてはいないでしょうか。

実際、このように合格後すぐに必要になるお金は奨学金では間に合わないということがその時点で分かって途方に暮れる場合も有るのです。

ですから、もし奨学金の利用を予定しているのであれば、高校在学中から、内容をよく研究したうえで、必要になる学費をどのように用意すれば良いのか、具体的に考えておかなければなりません。

もちろん親子とも初めてのことですから、分らない部分が有ると思いますから、高校の担当教諭も交えて、漏れの無いように検討しておくことが必要でしょう。

~日本の奨学金はローンと考えておくべき~
ここで注意しておいてほしいのが奨学金の意味です。

諸外国の奨学金は給付型と言って受給したお金は返済の必要が無いものです。

しかし日本の奨学金は貸与型と言って受給したものは卒業後に返済しなければならないもので、種類によっては利息の支払いも必要になります。

ですから奨学金と名前は付いていますが日本の奨学金はある種の教育ローンと考えておきましょう。奨学金としては最悪の制度だということを忘れないようにして下さい。

入学金用には何らかの借入が必要!利用出来るローンとは?

このため、入学前に必要になるお金は、自己資金が用意できない場合には、奨学金とは別の方法で融資を利用しなければなりません。

この時点で利用出来るローンは教育ローンかあるいは利用目的を問われる事の無いフリーローンがあります。

教育ローンの場合、多くは民間の銀行などが提供しているものを指しますが、こういったものが返済能力などの関係で利用できない場合には国が用意している教育ローンもあります。

フリーローンでも融資の利用は可能ですが、教育ローンに比べると金利が高く設定されているので、長期に借入れた場合利息が膨らんでしまうので注意が必要です。

入学金に利用できるローンは教育ローンかフリーローン

奨学金は入学前に利用できないことが分りましたが、それなら入学金はどのようにして用意すれば良いのかと言う話になります。

入学金も前期授業料と合わせればかなりの高額になり、自己資金だけでは用意できないという場合も多いはずですから、ローンの利用を考える必要が有りそうです。

その場合利用できるローンとしては次のようなものになります。

  • 教育費目的に利用出来る教育ローン
  • 利用目的を問われないフリーローン

自己資金が用意できない場合には、これ等の内のどちらかを選んで期限までの融資を受けて入金しなければなりません。

教育ローンには民間だけではなく国のものもある

多くの場合はこのうち教育ローンが利用されています。

教育ローンと言えば、通常は銀行の目的別ローンとして用意されているものですが、教育ローンはこういった民間のものだけではありません。

先程日本は経済的に苦境の時期が有りましたから、収入が下がって返済能力が低下してしまい、銀行の審査に通らないような人も珍しくなくなってしまいました。

このため国の機関である日本政策金融公庫が国としての教育ローンを用意して提供を始めました。

もちろん民業圧迫というような事にならないように、利用には収入制限などが設けられています。

もし自分は教育ローンの審査通過は難しいと考えている場合には、こういった国の教育ローンの利用も考えてみましょう。

フリーローンは金利的には不利

もう一つの選択肢としてはカードローンなどの何にでも利用出来るフリーローンがあります。ただしこの場合金利的にはあまりお勧めとは言えません。

教育ローンとフリーローンの金利を比較したものが次の表です。

ローンの種類 金利
教育ローン 3%程度
カードローン(銀行) 14%台
キャッシングローン(消費者金融) 18%程度

もちろん審査から考えればフリーローンのほうが緩いですが、圧倒的に教育ローンのほうが有利ですから、まずは教育ローンの利用を模索するべきでしょう。

~学校と信販会社が提携した教育ローンも有る~
教育ローンにはもう一つ信販会社が提供しているものが有って、信販会社と学校が提携しているものもあります。

この場合、学校ごとに提携契約が行われていて、それぞれ適用金利が違っているので、利用を考える場合には、受験する学校の金利がどのくらいになっているのか必ず確認しておきましょう。

教育ローンは学生本人が借りるのは難しい!保護者が借りることになる

教育ローンと奨学金の大きな違いと言うのは、奨学金は学生本人が借りるのに対して、教育ローンと言うのは返済能力が問われますから、学生自身が借りるのは難しく、保護者が借りることになるという点です。

このため教育ローンと奨学金をどのように利用して行くかは、入学が決まってからではなくて、高校在学中から親子でよく相談して、必要期日までに用意できないということが無いようにしなければなりません。

教育ローンの場合、審査に時間がかかることを前提にして、合格発表してから申込むのではなくて、合格発表前に申込みを行っておくなど、時間的なことをよく考えておかなければなりません。

教育ローンと奨学金は借り手に違いが有る

では教育ローンと貸与型の奨学金と言うのは何が違うのだということになります。特に国の教育ローンなどを考えれば実質的には同じではないかと考える人も多いのではないでしょうか。

ところがこの2つには明確な違いが有ります。まず両者の返済を考えてみましょう。奨学金の返済と言うのは卒業後からはじまります。これに対して教育ローンと言うのは借入れの翌月から始まります。

もちろん学生自身には収入が有りませんから、翌月からの返済などできるはずが有りません。

つまり奨学金というのは学生本人が利用するものですが、教育ローンと言うのは学生では借入れは難しく、借りられるのは学生の保護者ということになります。

高校在学中からどのように借りるか親子で相談しておこう

ですから学費と言うのは学生本人だけではなく保護者にも大きくかかわってくることになる訳です。

ですから学費を何を利用してどのように用意するかということを高校在学中から詳細に決めておく必要が有るのです。

多くの場合には、入学後に奨学金の申込みをするということになるので、入学時に掛ってくるお金については保護者が教育ローンを利用して用意し、入学以降の学費は学生が奨学金で賄うように使い分けています。

実際には例えば入学と同時に親元を離れて都市部で一人暮らしということも多く、こういう場合には生活費もかさんでくるので、そういったお金をどうするかと言う部分も良く考えなければなりません。

ですからどのようなお金がかかるのかは良く分析して、困るような事にならないようにお金の調達計画を練ってください。

教育ローンは合格発表の前に申し込んでおいた方が良い

ただしローンの利用では注意しなければならない点が有ります。

ローンと言うのは申込みを行ったあと、審査が行われて、融資されるまで時間がかかるものです。

キャッシングなら即日融資ということも有りますが、例えば国の教育ローンの場合、10~20日程度かかると言われています。

ですから、場合によっては合格発表の後で申込んだのでは間に合わない事も無いとは言えません。

そこで教育ローンは何時申込んでも構わない訳ですから、合格発表前に申し込んでおいて、合否が判明した時点で実際に借入れするというようにしておいた方が無難です。

合格したのにお金が間に合わないというような事が無いように、十分注意してください。

~場合によってはキャッシングローンの利用を考える~
教育費の調達計画が杜撰で、教育ローンでは間に合いそうにないという場合には、金利的には不利ですが、キャッシングローンの利用も考えましょう。

ただしこの場合には、借入れが長くなると、利息が増えてしまいますから、できるだけ短期間に返済してしまえるように、返済計画を立てるようにして下さい。

学生ローンは入学前の利用は難しい!教育ローンを上手に使う方法とは

学生の中には、とりあえずその時点で学生ローンを借りれば良いと考えている場合も有るようですが、入学前の時点では学生ローンの利用はできません。

入学前はまだ高校生と言う扱いになりますし、そもそもアルバイトで安定収入が有る人はあまりいない筈で、申込条件を満たせませんので、申し込んだとしても審査に通過できるものではありません。

ただし、就職していて安定収入が有る人が例えば大学の2部に入学するというような場合は借入れすることは可能な筈です。

教育ローンの中には在学中は利息分の支払だけにできるものが有り、保護者の負担を減らしたい場合には、そういった教育ローンを申込んで卒業後は本人が引き継いで返済すると言う方法も考えられます。

学生ローンには申込条件が有って高校生には借りられない

学生の中には、保護者に頼らなくても、高校卒業時点では18歳になっているので取り敢えず学生ローンを借りれば入学金は何とかなると安易に考えている場合が有ります。

しかし、こういった借入れは難しいので注意しなければなりません。学生ローンの説明をよく読んで申込条件を確認してみて下さい。概ね次のようになっている筈です。

  • 18歳以上(高校生は除く)
  • 収入が有る

まず年齢制限ですが20歳以上としている場合も有りますが、18歳以上の場合も有るので一見クリアしているようですが、残念ながら3月31日までは卒業式が終わっても高校生とみなされます。

しかも高校卒業時点で返済が可能なほどの収入が発生するアルバイトをしている人はまずいないはずです。

つまり入学金を支払う時点では学生ローンを利用するのはまず無理だということになる訳です。

お金の調達を安易に考える事だけは止めなければなりません。

既に就職していて安定した収入が有れば借入可能

ただし大学入学予定者の中には、様々な人がいて、既に就職していて収入が有り、大学の2部に入ることになったというような場合には、保護者ではなく自分で教育ローンでも学生ローンでも借りる事ができます。

また高校卒業後予備校に通っていてアルバイト収入があるというような人の場合も、多くの学生ローンが予備校生でも借入れできることになっているので、借入れができる可能性が有ります。

ただし、問題は入学後に返済できるかどうかと言う話になるので、就職していて収入が有るのであれば心配は有りませんが、アルバイト収入の場合は入学後も収入が維持できるかどうかよく考えておきましょう。

教育ローンで保護者の負担を減らす方法とは?

それにしても教育ローンを借りたら保護者の負担が大きくなりすぎるのではないかと心配になる人もいるでしょう。そこで教育ローンを上手に利用する方法を考えてみましょう。

教育ローンの中には学生が在学中の返済は利息分だけで構わず、元金の返済は卒業後にできるものがあります。

こういった教育ローンを利用すれば、在学中に保護者の負担になるのは利息分だけですから金額としては非常に少なくできます。

そして卒業後は名義的には保護者が返済するのですが、実質的には学生自身が返済して行くことができるので保護者には負担がかからないようにできます。

教育ローンを選ぶ際には、こういった点についても予め良く調べておくようにしましょう。

~卒業後の返済のことも考えておこう~
本文で説明しているように教育ローンによっては卒業後に学生自身が返済して行くようにできる訳ですが、こういった場合、奨学金も借りているのが普通で、そちらの返済も行わなければなりません。

このため月々の返済額はかなりの高額になってしまいかねません。ですから、借入時から、卒業後の返済額がどのようになるのか、良く計算して将来設計を行う必要が有ります。

ここで入学金に利用出来るローンについて纏めておきます。

  • 奨学金は入学前には受給できず入学金は賄えない
  • 入学金用には教育ローンなどの何らかのローンの利用を考える必要が有る
  • 教育ローンは学生本人ではなく保護者が借りることになる
  • 学生ローンの場合には入学前では申込条件のクリアは難しく借入れはできない

奨学金の中には民間のものも有り、こういった奨学金は給付型と言うのが普通で、返済の必要が無く大変有利なものですから、奨学金の利用を考える時は、民間のものの利用も考えるようにしましょう。

閉じる
閉じる