学生ローンを調査!親より頼れる金融屋さん探し

学生ローンも審査基準がある!申込の前に通過の可能性を探っておこう

学生ローンも、一般のものと同じで申込条件を満たし審査に通過できなければ利用することはできません。審査では返済能力や信用について学生ローン毎の審査基準に沿って申込者の評価が行われる事になります。

収入の評価は、まず学生ですが返済できるような収入を得ているかどうかが確認され、次にその収入が月々返済できるように安定しているのかが評価されますが、学生の場合収入が少なくなる時期も考慮して一般向けよりも基準は緩くなります。

また一般向けのキャッシングローンの場合、審査に際して勤務先に電話を入れ実際に在籍していることを確認する在席確認が行われますが学生ローンの場合通常はこれが行われませんので安心だと感じる人もいるようです。

学生ローンを利用するには?申込条件を満たし審査通過が必要!

ローンと言うのは学生ローンを含めて返済時に付けてもらう利息で利益を上げる経済活動と考える事ができます。このため返済されなければ利益になりませんから金融機関は審査を行うことによって返済の可能性を見極めています。

更に審査は申込者に対して行われますが、申込みには年齢制限や収入要件などの申込条件が設定されている為、この申込条件を満たさなければそもそも申込みができず審査すら受けることができません。

申込条件を満たしていて、申込みを行うといよいよ審査ということになり、本人確認の他、返済能力、そして信用について、様々な角度から評価が行われ、返済してくれそうだという人に限って、金融機関は融資を行ってくれます。

金融機関は返済されるかどうかを見極める

金融機関と言うのは、お金を貸して返済してもらう時に付けてもらう利息を利益にしている企業です。ですから元本が大きいように見えても、利益に繋がっているのは利息ですから、個々の融資はそれほど大きな利益になる訳ではありません。

ですからもし利息はおろか元本の返済もされなければ利益が吹き飛ぶだけではなく、元本分が損失になってしまう訳です。

このため融資を行う際には、利用者が本当に返済してくれるのかということについて審査を行って、返済が見込めないような人には貸さないようにしているわけです。これは学生ローンであっても変わりません。

申込条件を満たさなければ審査を受けることもできない

ただしローンの申込みは審査さえ心配すれば良いというわけでは有りません。

ローンにはそれぞれ申込条件というものが設定されていて、この条件を満たさなければ審査どころか申込むこともできません。

申込条件はそれぞれのローン毎に決っていて、例えばローンによっては申込みできる地域を限定している場合が有ったり、一般向けのローンでは、ここに学生は申込めないと書いてあったりしますが、共通するのが次の2点です。

  • 年齢制限
  • 収入要件

年齢制限は申込める年齢が規定され、収入要件では大概の場合安定収入が有ることと記載されています。

ローンの審査では何が行われているのか

申込条件を満たしていて申込みを行った場合、次に行われるのが審査で、それぞれのローンがもつ審査基準によって行われます。

この審査基準は表に公開されるようなことは有りませんので何が行われるのかの詳細は分りません。

ただし概ね次のようなことが様々な方向から確認されています。

  • 申込者が本人であることに確認
  • 申込者に返済能力が有ることの確認
  • 申込者が信用できるかどうかの確認

まず申込者を偽って他人に成りすまして申込んでくるような人がいる為、これを排除します。学生の場合成りすましても分らないだろうというような安易な考えを持つ人もいますが、金融機関を甘く見てはいけません。

次に返済能力ですが、通常は年収から判断されますが、学生の場合には年収を証明できない事も多いため、直近2か月分の給与明細などで代替出来る場合があります。

最後の信用ですが、これは信用情報と言って過去の金融取引状況を蓄積しているデータベースが有り、これを参照して判断されます。

これ等に問題が無ければ審査に通過でき融資を受けることが可能になります。

~携帯電話料金の滞納が信用評価を下げる~
本文で信用情報に触れていますが、ここに格納される情報には各種の支払情報も含まれています。当然携帯電話の料金の支払いについても記載されており、例えば支払いを3か月以上滞納したというような情報が有れば信用評価は下がります。

この場合ローンの審査通過は非常に難しくなってしまうので注意しなければなりません。

学生ローンの審査基準とは?収入の安定性は比較的緩い!

では学生ローンの場合の審査基準はどうなっているのかと言うと、まず学生だからと言って返済するお金がなければ融資は行ってもらえません。つまり返済できるだけの収入が無ければ審査通過は難しくなります。

ただし一般向けのように会社員を利用者として想定して非常に安定した収入を前提にしてしまっては学生には借りられなくなってしまいますから、収入の安定性については返済方法が柔軟になっていることも有って評価は比較的緩くなります。

問題にされやすいことは他社からも既に借入れしているという場合です。一般向けでも言えることですが、他社から借入れしている場合、返済能力はその分下がりますから、審査での評価は下がってしまうことになります。

収入が無ければ審査通過は難しい

審査の内容を見れば分りますが、返済できるかどうかの基本は要するに返済能力ということになり、これの元になるのが収入ですから、学生と言えども収入が無ければ審査通過は難しくなります。

もちろん学生ですから勤労学生でもない限り、定職に就いているという人はいないでしょうから、この場合前提になるのはアルバイト収入ということになります。

ただし金融機関の評価に値するアルバイトと言うのは月々月給と言う形で給与が支払われる長期アルバイトで、日給や時間給というような不定期の収入になってしまう短期アルバイトでは審査での評価の対象にはなりません。

一般向けローンよりも収入の安定性の評価は緩い

ただし、そうは言っても学生ですから、試験などの学校行事が有れば、アルバイトに入れる時間は少なくなり、収入は減ってしまいますから、収入の安定性には限度が有ります。

ですから学生の場合一般向けのキャッシングローンでは収入の安定性に欠けると判断されてしまう事も有ります。

しかし学生相手の学生ローンではそんなに厳しくしてしまうと利用できる学生がいなくなってしまいますから、返済方法も工夫されていて、多少収入にバラつきが有っても審査に通過できるようになっています。

こういう意味では学生ローンのほうが返済能力の評価と言う点では緩い審査が行われることになっていると言えるでしょう。

審査の足を引っ張る状況とは

審査を受けるにあたって一般向けでも学生ローンでも同じように十分注意しなければ極端に評価が下がってしまう事が有るので注意してください。

それは他社から既に借入れをしている場合です。金融機関と言うのは他社の利用を嫌います。それは要するに返済能力を考えた場合に、他社にも返済しなければならない訳ですから、返済能力は2分されることになるからです。

そうなると年収から返済できると判断出来ても、実際には返済できなくなることも発生する可能性が出てくるため、そういった心配から審査での評価は極端に下がってしまいます。

もちろんそれに見合うような高額の収入が有れば別ですが、そういう人は少ないはずですから、申込みの際には十分注意してください。

~何故融資が必要なのか説明できるようにしておこう~
最近ではローンの申込みもインターネット上から行うところが増えていますが、業者によっては利用者の話を聞いて融資の可否を決めているところも有ります。いずれにしても自分がなぜお金が必要なのか適切に説明できることは重要です。

説明できないようなお金の場合、大概は借りる必要のないようなお金ですから借入れは再考してください。

一般向けローンは在席確認が有る!バイト先を偽ってはいけない

審査でもう一つ注意が必要なのが一般向けのキャッシングの場合、在席確認というものがあり、金融機関の方から勤務先に電話を入れ、実際にその職場に在籍しているのかどうかの確認が行われます。

この在籍確認が有るため、例えば実際には零細企業で短期的にバイトをしているのに、一流企業で長期のバイトをしているというように申込み情報に記載し、審査での評価を高くしようと考えても、この時点でバレてしまいます。

またそもそも融資を受ける為にバイトをしていないにもかかわらず、バイトしているように見せかけても、やはりバレますし、こういった嘘をついて申込んだという記録も残るので、大きく信用を失うことに繋がります。

在席確認とは何が行われるのか

学生が利用出来るローンには学生ローンと一般向けのキャッシングで学生でも申込めるものの2通りが有りますが、この内一般向けのキャッシングの申込みを考えているのであれば在席確認に注意しなければなりません。

在席確認は勤務先に金融機関側から電話が有り、実際に在籍しているという実態があるかどうかの確認を行うものです。

学生ローンでは行っていないのが普通ですが、中には行われるところも有るので事前に調べておく必要が有ります。

在席確認の行われ方は、ローンによって違いが有り、次の2種類に分かれます。

  • 本人がいなくても在席していることが確認できれば良い
  • 本人と会話し簡単な質問が行われる

いずれにしても他人任せというのは不安も有るので、在席確認が行われるローンを申込んだ場合には、職場に在籍して電話に出られるようにしておいた方が無難でしょう。

バイト先を偽っているとバレてしまいかねない

このような在席確認が有る場合には、例えば勤務先が中小零細企業なのに、一流企業と偽っていたり、実際には短期アルバイトなのに長期アルバイトというようにだましていた場合には、バレてしまう可能性が高くなります。

こういった嘘が発覚してしまうと、その情報が信用情報と言う過去の金融取引情報を格納しているデータベースに書込まれてしまい、以後しばらくの間、どんなローンを申込む場合でも審査でこの情報が参照されることになります。

この場合この申込者は信用できないということになるので審査は通りません。大変怖い結果になります。

バイトしていないのにしているように見せかけてはいけない

もっと悪いのは、実際にはバイトをしていないのに、あたかもバイトをして収入を得ているというように見せかけることです。

こういう場合単に嘘と言うよりも、悪質で金融機関によっては詐欺と考える事も有り、場合によっては犯罪者になってしまいます。

ですからローンの申込みを行う時は、ちょっと不利になる可能性が有ったとしても、正直に申込み情報には記載しなければなりません。

バイトしていないのであれば、借りるのではなくまずはバイトを始めて稼ぐことを考えるようにしましょう。

~自宅で収入を得ている場合には在宅確認になる~
本文ではどこかの会社に行ってアルバイトを行うことを想定していますが、最近では自宅で仕事を請け負って稼いでいる学生もいます。その場合には在席確認が無いということではなくて在宅確認ということになるので注意して下さい。

審査なしと言う業者は怪しい!闇金が狙っている事を忘れてはいけない

キャッシングを探していると、審査が非常に甘いという業者のうわさや、そもそも審査が行われないという業者の情報に出くわすことがあります。しかし世の中そう甘いものではなく、そういった業者はいわゆる闇金と考えてください。

闇金と言うのは従来は高金利で厳しく取り立てるようなイメージでしたが、最近ではそういった業者だけではなく、非常に人当たりが良く親切にしておいて、ずっと利息を取り続けるような罠に嵌めるような業者もいるので要注意です。

もしそういった闇金を利用してしまった時には、もはや学生の力ではどうすることもできません。深みにはまらないうちに、保護者に相談したり、弁護士に相談して、場合によっては警察に行くことも必要になります。

審査が非常に甘かったり無かったりする業者は要注意

貸金業者を探しているとインターネット上の書き込みに非常に審査が甘かったとか、審査がないというような情報を見つけることが有ります。

審査通過の可能性の低い、収入が非常に少なかったり、そもそも収入が無いような人にとっては大変魅力的で、学生の中にも申込んでみようと考える人も出てくるかもしれません。

しかしそういった審査が極端に緩かったりなかったりするような業者には要注意なのです。

最初に説明したように審査は金融機関が確実に利益を得られるかどうかを確認するためのものです。なのにその審査が無いような業者は利益が得られなくても良いと考えているのでしょうか。

そんなもの好きはいません。こういった業者は返済が滞っても利益を得られる自信が有るからこういうことをやっているのです。

早い話が返済されなければ、怖がらせて、どうして逃げられらいようにすることで強引に返済させれば良い訳です。

こういった業者は通常法律に基づく業者登録もされておらず非正規業者あるいは闇金と呼ばれる業者なのです。

闇金の手口

では闇金はどのような手口で返済させるのでしょうか、これはドラマなどでも描かれているように、昔からの手口として高金利で厳しい取り立てを行うような業者がまず挙げられます。

しかし最近では貸金業法が厳しくなって、下手をすると元本まで返済しなくてよいことになる場合も有るので、もっと知能犯になっている場合も有ります。

例えば、法定利息内で融資して、返済できれば良いですが返済できなくなると、親切を装って別の業者を紹介して利息分だけ借りさせ、利息を支払わせます。

当然利息分だけですから元本は減らず翌月も同じ金額の利息になり、これを続ければずっと利益を上げることができます。

利用者の方は利息分を借り続けてその分の返済も始まりますから、ますます窮地に追い詰められ、さらに別の業者を紹介されてと言うように、徐々に借り入れが増えてどうしようもない状況に追い込まれてしまうのです。

闇金の罠に嵌ってしまったらすぐに相談

もし既にこういった状況になりつつあるのであれば、もはや学生の力で、そこから脱出するのは難しいと考えるべきでしょう。一刻も早く、保護者に相談して、どうすれば良いのか話し合いましょう。

かなり叱られる可能性が高いですが、闇金から追われるよりはましです。保護者にもどうすることもできない場合には、弁護士に相談して、債務整理に持ち込んだり、違法性が確認できれば、警察に行くなり対策を取ってください。

違法性が認められれば、元本を含めて返済の必要は無くなることも有るので、一人で悩まないで、そういった専門家の知恵や権力に頼るようにして下さい。

~予め正規登録業者かどうか確認してみよう~
本文では闇金について触れていますが、これから金融業者を利用しようという場合には、まずその業者が正規業者なのかどうかを確認してから利用しましょう。登録業者かどうかは金融庁でデータベースを公開しているので誰でも調べることができます。

ここで学生ローンの審査基準について纏めておきます。

  • 学生ローンの利用には申込条件を満たして審査を通過する必要が有る
  • 審査基準では返済能力や信用について確認が行われることになっている
  • 学生ローンでは少ないが一般向けのキャッシングの利用では在席確認に要注意
  • 審査が無かったり非常に緩かったりする場合には闇金の可能性が有る

学生ローンの審査通過率は公開情報が有りませんが、大手消費者金融のカードローンの場合審査に通過できるのは申込者の半数以下になってしまうというデータが有り、どんなローンでも審査を甘く考えるのは止めましょう。

ローン審査では本人確認と返済能力の他、信用について...

ローンの提供業者は回収できなければ赤字ですから、返...

学生ローンでも収入が無ければ返済が見込めませんから...

ローンを申込むと審査が行われますが、その中では信用...

学生ローンはローンの分類としては事業目的以外であれ...

12
閉じる
閉じる