学生ローンを調査!親より頼れる金融屋さん探し

京都にも学生ローンの店舗はあるの?京都市内にあるおすすめ2社

学生ローンの店舗の多くは東京に集中していますが、京都にもキャッシング ホワイトとアサヒ信用と言う2つの業者が出店しており、関西の学生に利用されています。

もし2社だけでは自分に利用しやすい業者が見つけられないという場合には、全国にインターネット経由から利用が可能な学生ローン業者があるので、それらの利用も検討してみましょう。

また一般向けのキャッシングでも条件さえ満たしていれば学生でも利用ができますから、選択肢として挙げることが可能です。

ただし、ローンは返済ができなければ始まりませんから、借り入れを考えた場合には、まずは返済方式を確認して、返済の可能性を検証してみましょう。

学生ローンの業者は東京に多いが京都にも2つの業者が存在する!

以前は学生ローンもそう珍しい存在ではなく、大学などが有れば、その周囲には学生向けの融資を行っている業者が有りました。しかし現在では多くの業者が撤退してしまい、なかなか見つけにくい状況です。

現在でも東京には多くの業者が出店していますが、その他の地域は数えるほどになってしまいました。京都も同様な状況ですが、それでもキャッシング ホワイトとアサヒ信用と言う2社が出店しています。

どちらの業者も京都市内で営業していて、ホームページからも申込みが可能ですが、キャッシング ホワイトの方は初回の利用では来店を希望しているので、申込みは注意しなければなりません。

京都にある学生ローンの業者とは

学生ローンと言うのは学生が集まる場所にあった消費者金融が学生向けに利用しやすいように設計したローンを提供し始めたもので、以前は大学周辺であれば容易に見つけることが出来ました。

しかし現在では多くの業者が一般向けに業態を変えたり廃業してしまっていて、そう簡単には見つけることができません。

しかも多くの業者が東京の高田馬場駅周辺に固まって存在しており、他の地域ではその分業者数が少なくなってしまっています。

ただし、それでも京都市内には次の2つの業者が現在でも学生ローンの提供を行っています。

  • キャッシング ホワイト
  • アサヒ信用

キャッシング ホワイトは下京区四条にあり、アサヒ信用南区東九条にあるので、周辺の学校の学生にはなじみが有るかもしれません。

キャッシング ホワイトの学生ローン

キャッシング ホワイトの学生ローンの仕様は次のようになっています。

商品名 学生ローン
融資額 3万円~30万円まで
金利(年利) 14.5%~19.5%
返済方式 元金自由返済方式・元利均等返済方式

多くの学生ローンが融資上限を50万円にしている中キャッシング ホワイトは30万円が上限になっているので、利用目的によっては注意が必要です。

返済方式は多くの学生ローンが採用している元金自由返済方式と、返済額が元金と利息分を合わせて月々一定になる元利均等返済方式が利用出来るので、自分の返済しやすいほうを選ぶことができます。

ただし、キャッシング ホワイトの場合、初回の利用では来店が要求されていますから、簡単にはいけないような人の申込みは注意が必要です。

アサヒ信用の学生ローン

アサヒ信用の学生ローンの仕様は次のようになっています。

商品名 学生ローン
融資額 3万円~50万円まで
金利(年利) 15.0%~20.0%
返済方式 元金自由返済方式・元利均等返済方式

アサヒ信用の学生ローンも返済方式などよく似ている部分も有りますが、融資は50万円まで対応している反面、金利が若干高くなっています。

店頭で申込んで融資を受けるたいという場合には、この2つの業者のいずれかを選べば市内で学生ローンの利用ができるということになります。

~全国的には学生ローン業者は極少数~
京都は本文で説明しているように学生ローン業者が2つ存在しています。ちょっと少ないと感じる学生も多いでしょう。

しかし全国的に見れば東京を除けば2店舗あるというのは多いほうで、学生ローンが無い所のほうが普通なので、2店舗と言うのは学生ローンの利用者としては良い環境です。

2社では選択肢が少ない!ネット経由で他地域の業者とも比較しよう

2社でも無いよりはずっと良いですし、使い勝手が良いと考えた場合には利用すれば良いのですが、自分には利用しにくいと考える場合もあり、学生ローンは利用したいけど利用できない人も出てくるはずです。

しかし現在ではインターネット経由で全国から利用出来る学生ローンがあります。そこでそういった業者も選択肢として考える必要も有るかもしれません。

ただし、インターネット経由で申込みが可能になっている場合も、実際には申込可能地域が限定されたり、店舗に行かなければならなくなっている業者も有るので、そういった点はしっかり確認して下さい。

2社だけでは自分向きのローンを見つけられないことも有る

このように京都市内では2社の学生ローンから選ぶことができます。といっても2社だけでは、自分が希望するような融資を利用することが難しい可能性が有るのも事実です。

それでも店舗が利用できるということは返済でも振込みのように手数料を掛けずに済むというようにお得な面も有るので、お勧めなのは間違いありません。

しかし例えば他の業者を見比べれば、もう少し低い金利で融資している業者を見つけることができます。

利用者の希望次第ではありますが、自分向きの学生ローンを見つけられられないことも、可能性としては少なくないでしょう。

現在ではインターネット上から他地域の学生ローンも申込可能

もし自分の希望を満たしていないと考えた場合には、別の方法で利用業者を見つけることも必要です。

幸い最近では多くの業者がインターネット経由での申込みに対応していますから、京都にいながら東京の学生ローンを申込むことも可能です。

ですから、学生ローンを選ぶ場合で、特に店舗に行かなくても良いと考えている場合には、京都にある2つの業者に加えて、他地域にある学生ローンの情報も集めて比較検討してみましょう。

比較検討して、やはり京都の業者が良いということであればその業者を利用すれば良いですし、東京の業者のほうが良いと考えた場合にはインターネットを利用して申込みを行えばよい訳です。

学生ローンの申込可能地域に要注意

ただし、インターネット上から申込みが可能な業者でも利用には注意しなければならない点が有ります。

学生ローンの場合、インターネット経由での申込みに対応しているにもかかわらず、申込みができる地域を限定している場合が有ります。

例えば東京には関東在住の人に限るとか、首都圏在住か在学している人に限るというように、他地域からは申込みができない業者も存在しています。

また京都のキャッシング ホワイトもそうですが、初回の申込時は店舗に来てもらうという方針の業者も有るため、京都周辺なら良いですが、その他の地域からでは事実上申込めない業者もあります。

ですから、利用する業者を選定する場合には、申込条件ついて事前に確認しておき、ネット上から申込んだのに店舗まで来てくださいというような事にならないように注意してください。

~業者選びは自分なりの選考基準を持つことが重要~
業者選びはを行う場合には、まず自分が何を希望しているのかはっきりさせて、これを選考基準に利用しましょう。この基準があやふやな場合には、選んだとしても本当に良いものになるかどうかわかりません。

希望を考える場合には自分が利用する場面を思い浮かべると考えやすいと思います。

一般向けの消費者金融なら京都にもたくさんある!

選択肢を増やすもう一つの方法としては、一般向けのキャッシングにも目を向けることです。一般向けのキャッシングの中には学生でも利用出来るものが有るのです。

ただし、こういった一般向けのキャッシングと言うのは返済額が月々一定になるなどの特徴が有り、安定収入が前提になっているため、そういった条件が満たされなければ審査通過は難しいと考えましょう。

また学生ローンとは違い一般向けのキャッシングでは審査中に在席確認が行われ、アルバイト先に業者から電話が入るのでその点については注意しておかなければなりません。

一般向けのキャシングでも学生が利用出来るものは有る

もしそれでも選択肢が少ないと考えるのであれば、もう一つ方法が有ります。

学生の中には学生ローンと言うのは、何らかの学生を支援する団体が行っているローンだと考えている人もいますが、実際には融資するのが学生か社会人の違いだけで提供しているのは消費者金融です。

京都にも一般向けであれば消費者金融は沢山あります。

こういった一般向けのキャッシングでも業者側さえかまわなければ、学生が利用しても何ら問題は無い訳です。

しかも一般向けのキャッシングであれば、学生ローンには少ないカードローンと言う選択も可能です。

ですから学生ローンに気に入ったものが無ければ、学生を申込条件で排除していない一般向けのキャッシングも調べてみる価値が有ります。

安定収入が無ければ審査通過は難しい

ただし、一般向けの場合は利用者が多い会社員向けの設計になっていて、返済方式は月々一定額の返済が必要になるのが普通です。

この方式は安定した収入の会社員には見通しがつけやすく、大変返済しやすい方式と言えますが、収入が会社員程安定していない学生にはかえって返済しにくい方法と言えます。

このため一般向けのキャッシングを選べるのは、アルバイト収入が安定して入ってくる学生でなければならない訳です。

審査にもよりますが、多少のばらつきは許容される場合も有るので、収入が少なくなった時にも返済いできるかどうか、事前によく計算してみる必要が有るでしょう。

審査では在席確認も有るので注意が必要

また一般向けのキャッシングの審査には、学生ローンでは行われていない確認が有ります。

それは本人確認の一部と言う位置付けで行われる在席確認です。

現在ではキャッシングの申込みをインターネット経由等窓口以外で行う場合が増えてきており本人確認書類の写真と突き合せで確認することができません。

そこでもう一つ在席確認と言って、申込時に申告した職場に実際に在席しているかどうか、金融業者側が直接電話を入れて確認が行われることになっています。

利用者は、職場の周囲にキャッシングの利用がバレる可能性を心配して、この在席確認を大変嫌いますが、現在でも多くの業者がこの確認を行っています。

このためもし学生が一般向けのキャッシングを利用する場合も、同じようにアルバイト先に在席確認が行われることになりますから、注意しなければなりません。

~学生ローンのほうが返済はしやすい~
学生ローンの返済方式に多い元金自由返済方式と言うのは、月々必ず返済しなければならないのは利息分だけで、元金分の返済は返済期限までであれば自由というものです。

学生の場合収入が安定していませんから、元金分の返済は収入が多かった時期だけにできる為、大変返済しやすい方式と考えられます。

ローンは返済できなければ借入れしてはいけない!

学生ローンを利用するにしても一般向けのローンを利用するにしても、ローンは返済できなければなりません。

そのためまず考えなければならないのは借入額をできるだけ減らすことです。借入れが少なければそれだけ返済も楽になります。

次に行わなければならないのが、自分に返済して行くことが出来るのかと言う点の確認で、自分の収入と支出から実際に月々の返済額が捻出できるのかを計算しておきましょう。

もし返済ができなくなってしまった場合には、業者との間で債務整理を行わなければならなくなり、最悪の場合には、自己破産に追込まれてしまうことになるので、安易に考えてはいけません。

まず借入額をできるだけ減らすことを考えよう

借入先をあれこれ検討して、学生ローンなり一般向けローンなりを選んだととしても、重要なのはその後です。

ローンというのは利用者にとっては借入れできるかできないかと言うのが最も重要なことに感じられますが、実際には借りたお金をしっかり返済できるかと言う点のほうが、更に重要な事なのだと考えるべきです。

そのためには、ますは出来るだけ借入額を少なくする事が重要です。借入額が減ればそれだけ返済期間を短くでき、問題が発生する可能性も少なくなるので、返済も楽になるはずです。

借入額を少なくするには、できるだけ節約する事や、必要なお金の見積もりをきっちり行って、多少余分に借りておこうというようなあやふやな判断を避けることが重要です。

借入れする場合返済が可能なのか計算しておこう

もう一つ借入れ前にやっておきたいのが自分が返済して行けるのかどうかの検討です。

借入金額が分れば、月々どの程度の返済が必要になるのかが分る筈です。そこで自分にその金額が捻出できるかを計算してみましょう。

どのように計算すれば良いのかと言うと、返済額と言うのは月々これまでよりも余分にかかってくる費用ですから、これまで月々どの程度の余裕が有ったかを計算すればそこから返済の可能性が分ります。

そこでまず一年遡って、月々の収入と支出を調べてみて下さい。収入と支出が分ったら次の数式で月毎の収支を計算します。

収支 = 収入 - 支出

この収支が返済額以上であれば返済は可能ということです。学生の場合には収入が安定しているとは言えませんから、収支が最低になる場合を基準にすれば的確な判断ができるでしょう。

もし返済が難しい月が有った場合には、その場合元金の返済を見送るなどの判断をする必要が有ります。

また返済が厳しくなる月が多い場合には、そもそも借入れは無理だと判断すべきでしょう。

返済できなくなったらどうなってしまうのか

ではもし返済途中で行き詰ってしまった時にはどうなるのでしょうか。

始めは業者側もそれ程慌てず、まずは督促状を送ってきて入金を促します。この時点で入金してしまえば、あまり大きな問題には発展しません。

それでも入金に応じなければ、業者側も本気になって回収に乗り出します。まずは回収担当者の方から電話で問い合わせてきますが、それでもなかなか入金しなければ担当者が訪問してくることも有ります。

最終的には催告書というものが送られてきて、これが最後通告になり後は法的手続きに則って差し押さえなどに進みます。

そうなってしまっても困りますから、返済できそうにない場合には、途中で弁護士などに入ってもらって、業者側と債務整理について話し合うことになります。

この債務整理で返済方法などを見直して返済できる方法にできないかどうかを話し合いますが、双方が同意できなければ、裁判所に判断を仰いで、最悪の場合には自己破産になる可能性も有ります。

自己破産と言うのはイメージが悪いですし、将来的にも長期間ブラックとなります。

ただし、これは債務を帳消しにして、人生をやり直す事ができるようにするために法律が保証した手段で、悪い面だけと考える必要はありません。

~学費が必要なら奨学金や教育ローンのほうが良い~
もし借入れの理由が学費の為と言う場合には、学生ローンを利用するのではなくて、奨学金や教育ローンの利用を考えましょう。

奨学金が時期的に難しい場合には、親に相談して教育ローンを借りてもらいましょう。利息の支払いは月々必要で親に負担がかかりますが、教育ローンによっては元金の返済は卒業後にできるものも有ります。

ここで京都の学生ローンについて纏めておきます。

  • 京都には学生ローンを提供している業者が2社ある
  • 2社では選択肢が少なく自分向きのものを探せない場合にはインターネット経由で他地域の業者も利用出来る
  • 学生が利用出来るローンは学生ローンだけではなく一般向けのキャッシングでも利用出来るものが有る
  • どれを選ぶにしても返済ができるかどうか確認してから借りるべき

お金が必要と言う場合、多くが借入れ前提に考えを進めますが、まずは借りなくて済ませられる方法が無いかに知恵を絞りましょう。遣り繰りで何とかすれば借りずに済ませられて返済の負担が避けられます。

閉じる
閉じる