学生ローンを調査!親より頼れる金融屋さん探し

学生ローンは土曜日や日曜日でも利用可能?利便性を求めるなら大手!

学生ローンと言うのは中小規模の業者ばかりですから、ATM網を作るのは難しい為、殆どの業者と言うのは窓口か銀行振込によって融資が行われる事になっています。

店舗は土曜日でも開いているのが普通ですから、銀行振込は無理ですが店舗に行けば窓口で融資を受け取ることが可能です。しかし日曜日は閉店しているので融資の利用はできません。

また地方在住の場合には、店舗に行くのは難しい為、土曜日や日曜日の利用は難しいでしょう。

もしどうしても融資が必要と言う場合には、学生ローンではなくて一般向けのローンを利用すれば融資の利用の可能性はありますが、学生の場合審査が厳しくなるのでみんなが利用出来るとは限りません。

学生ローンの融資は窓口か銀行振込!ATMからの融資引出しは難しい

学生の場合、平日は学校が有りますから、高額なお金が必要になるようなことはあまり考えられません。

その代り学校が休みになる土曜日や日曜日は遠出することも多く、急にお金が必要になる事も無いとは言えません。

そこで利用したくなるのが学生ローンですが、問題なのは融資方法で、通常学生ローンの融資は窓口か銀行振込で行われていて、大手業者のカードローンのようにATMから引出すというわけにはいきません。

特に都市部を除けば融資は銀行振込に頼らざるを得ませんが、銀行振込と言うのは銀行の営業時間内でなければ難しく、残念ながら土日の融資の受取方法は有りません。

学生がお金が必要になるのは土曜日や日曜日!

社会に出て仕事を持ってしまうと平日は忙しいため土曜日や日曜日は家でのんびりという人が徐々に増えて、こういった日にはお金を使わなくなります。

しかし学生の場合には、体力も有りますし土曜日や日曜日には出かけて平日よりもお金が必要になる場面が多くなるものです。

学生の方でも、通常はそういったことを見越して、予めお金を用意している場合も有ります。

しかし、学生の場合、急に予定が入るというようなことも有って、土曜日や日曜日はお金が足りなくなる場合も少なくありません。

学生ローンの融資は窓口か銀行振込がで行われATMの利用は難しい

学生がお金が必要になった時に、便利に利用できるのが学生ローンですが、学生ローンを提供している業者と言うのは大変規模が小さい為、自前でATM網を作れる所は少なく、次のような融資を行っています。

  • 店舗窓口
  • 銀行振込

以前は店舗周辺の大学などの学生を相手に商売をしているのが普通でしたから窓口での対応だけでしたが、最近では学生ローンを扱う業者が少なくなった為に銀行振込で全国の学生に融資を行うようになりました。

ですから現在では利用者の多くが銀行振込によって融資の利用を行うようになっています。

銀行振込と言うのは銀行の営業時間外の利用は難しく土日は利用不可

ところがこの銀行振込には大きな問題が有ります。

銀行振込が可能なのは、一部の例外を除いては銀行の営業時間である平日9時から15時の間に限られます。

時間外に振込み手続きを行ったとしても、実際にお金が振込まれるのは翌営業日の9時以降ということになります。

このため例えば金曜日の15時以降に振込み依頼を行ったとすると、土曜日と日曜日は振込まれることは無く月曜日の9時以降でなければ、お金を手にすることができません。

このため、銀行振込で融資を受ける場合、常にこの時間を気にしておかな得ればならない訳です。

~現在銀行の振込可能時間の見直しが進んでいる~
本文では銀行振込の可能時間について説明していますが、現在では機械化が進んでいて、仕掛け的には時間外でも振込処理は全く問題が有りません。

このため現在この振込時間についての議論が進んでいて、近い将来振込可能時間の制限が無くなる可能性が有ります。

学生ローンは店舗なら土曜日でも窓口で利用が可能!日曜日は定休日

ただし学生ローン自体は土曜日も営業していて、店舗は開いているので、店舗の窓口で申込みを行えば、融資を利用出来る可能性はあり、付近に居住しているか、付近を通るのであれば土曜日でも利用が可能です。

しかし、店舗の方も日曜日は定休日になっているのが普通ですから、店舗での申込みもできなくなるので、日曜日中に学生ローンで融資を利用することは出来ません。

また学生ローンの店舗と言うのは東京などの大都市部に集中している為、土曜日と日曜日に地方から学生ローンを利用して融資を受けるのは、旅費を使って店舗にいかない限り無理だと考えなければなりません。

学生ローンの店舗は土曜日も開店しているので店舗での融資は可能

では土曜日や日曜日には学生ローンの利用は難しいのかと言えばそうとも言い切れません。

学生ローンの多くの店舗は土曜日でも開いていて、学生ローンの申込みや融資に応じているのです。

つまり銀行振込での融資は銀行の制限で翌営業日になってしまいますが、店舗の窓口の融資であれば土曜日でも可能ということになる訳です。

ですから、学生ローンの店舗が家の近くに有ったり、出かける途中にある場合には、融資を利用出来る可能性が有るということになります。

日曜日は定休日になるので学生ローンの利用は難しい

ただし、日曜日や祝祭日ということになると、ほとんどすべての学生ローンの店舗は閉店しているので、たとえ店舗に行ったとしても、申込みや融資の利用は出来ません。

学生ローンの場合、大手消費者金融などに設置されていて日曜日でも利用可能な自動契約機というようなものも有りませんから、こういった日に利用する手段は無いということになります。

もし日曜日にお金がどうしても必要ということになった時は、対応してくれる学生ローンはないかと探すのは時間の無駄ですから、頭を切り替えて、別の方法を考えたほうが良いでしょう。

学生ローンは都市部に集中している為土曜でも地方からの利用は難しい

学生ローンと言うのは以前は大学などが有って学生が多い街には大概あったものですが、現在ではほとんどなくなってしまい、大都市にある学生数が非常に多い大学周辺でなければ見つからなくなりました。

このため土曜日に利用できる人と言うのはこういった業者に行ける範囲の人だけということになります。

もちろん地方からでも旅費をかけて店舗に行けば利用出来る可能性はありますが、それでは割に合いませんし、そもそも時間的にも無理が有ります。

ですから地方にいる場合には、学生ローンと言うのは土曜日と日曜日は利用できないと予め理解しておくことが必要でしょう。

~申込では必要書類が有るので予め確認しておこう~
もし店舗に行って学生ローンを申込もうという場合には、本人確認書類が必要になるので、持っていくのを忘れないようにして下さい。忘れてしまうと出直さなければなりません。

本人確認書類は学生証だけと言うところが多いですが、場合によっては他の書類が必要だったり、他の書類が有ったほうが有利だったりするので、予めよく調べておきましょう。

一般向けのキャッシングなら土日でも窓口や自動契約機で利用可能!

このように土日の学生ローン利用は大都市以外では難しいのですが、もしどうしても融資が必要と言うのであれば、一般向けのキャッシングを利用するという方法もあります。

一般向けの消費者金融でも土曜日は開いているところが多いですし、大手業者であれば、店頭に自動契約機を置いている場合が有って、日曜日でも申込みができる場合が有ります。

ただし、一般向けの場合、学生ローンに比べて、高額の年収や安定した収入が要求されますから、審査は学生にとっては厳しくなるため、申込みを行ったとしても実際に審査に通過するのはかなり厳しいはずです。

どうしても必要なら一般向けのキャッシングの利用と言う手段も有る

もしどうしても土曜日や日曜日にお金が必要と言う時には、学生ローンではなくて一般向けのキャッシングローンを利用する手段も有ります。

一般向けのキャシングローンには大手業者が提供しているようなカードローンも有れば学生ローンのように窓口や銀行振込で融資をしている中小業者も有ります。

この内土曜日や日曜日に利用できるのはATMで利用出来るカードローンか窓口で直接融資を受取れるキャッシングローンということになります。

一般向けの金融業者であれば、大都市だけではなく地方都市でも沢山営業している筈ですから、誰でも店舗を探すことは可能でしょう。

こういった一般向けのキャッシングローンの場合、予め学生の利用は出来ないと言っている場合も有りますが、特に学生への言及は無く、条件さえ満たしていれば、融資している業者も沢山あります。

自動契約機も有るので営業時間を過ぎても申込みできる可能性が有る

また大手業者であれば、お店は閉店していても、店頭に自動契約機を設置している場合も有るので、たとえ営業時間を過ぎたり日曜日であっても、申込みができる可能性が有ります。

ただし自動契約機にも稼働時間が決められていて、遅い時間になってしまうと利用することが出来なくなるので、申込時には十分注意しなければなりません。

また土曜日や日曜日の場合、職場への在席確認が行えないなど審査ができない部分が有るため、融資は少額しか行われない場合も有るので、そういった点も予め了解しておく必要があります。

学生の場合一般向け業者の審査通過はかなり厳しいので要注意

ただし、学生の場合はこういった一般向けのキャッシングローンの利用には注意が必要です。

学生ローンでは、年収が少額で多少安定性に欠けるとしても、収入さえ月々入っていれば融資するというように比較的審査が緩い面が有ります。

しかし一般向けのキャッシングローンの審査では、収入要件として次のようなことが要求されます。

  • 一定額以上の年収が有る
  • 安定した月収が有る

一定額以上の年収と言うのは以前は200万円の壁と言われていたものですが、最近ではデフレでそれを割り込んでしまったような人も増えている事から、もう少し少額でも良くなってはいます。

しかし学生としては例えば100万円であったとしても、かなり厳しい数字と言えるでしょう。

また会社員であれば月々の収入と言うのはかなりの安定性が有ると判断されますが、学生ということになると試験などが有ればアルバイト時間は短くなるため、月々の収入も安定しないと判断されます。

このため、学生が申込めたとしても、審査の通過と言うのはかなり厳しいと考えなければなりません。
~一般向けのキャッシングローンは返済に注意!~
本文で説明しているように一般向けのキャッシングローンの審査通過は学生にとっては厳しいですが、幸いにして審査に通ったとしても、その後も注意が必要です。

融資を利用した場合返済して行かなければなりませんが、一般向けの場合月々の返済額が学生ローンのように柔軟にはなっておらず、多くの場合月々一定額の返済が必要です。

これは月々の収入が安定しない学生にとってはかなり厳しいと考えなければなりません。

事前にお金を用意しておこう!自分のお金をしっかり管理すれば可能

ただし、本来は急にお金が必要になるというような事は、あまり感心出来る事ではありません。常に先を見ながら生活していれば、いつどのようなお金が必要になるのかは分ってくるものです。

つまり土曜日や日曜日にお金が必要になる事は計画的な生活を行っていれば、土曜を迎える前には分っている筈で、それまでに準備をしておけば、何も借入れが難し土日に借入れに悩む必要などは無いのです。

こういった先々を見越した生活資金の準備を行うには、常に自分のお金というものを管理しておくことが重要です。

土曜日や日曜日になってから財布の中を見たらお金が無かったというような事ではいけないのです。

無計画な生活は止めて計画的な生活を行なおう

このように土曜日や日曜日でも借入れしようと思えば、場合によっては借入れできる可能性はあります。しかし必ずとは言えず、あまり勧められることではありません。

そもそも学生と言っても、既に高校を卒業していて、お金の管理も自分で行っている年齢に達しているわけですから、土曜日や日曜日になっていきなりお金が必要になるということ自体に問題が有ります。

学生ですから、休みの日になっていきなり遊びの計画が持ち上がるということも理解はできますが、それではいけないということも考えるべきです。

そういった無計画な生活はそろそろ止めて、先々を見越して計画的な生活をしたり、そもそもお金がないという場合には、お金が必要になるような計画には乗らないということも重要なことです。

土日にお金が必要になるのは事前に分かる筈

学生ですから土日になっていきなり何かをしたくなるというようなことも有るでしょうし、お付き合いの関係で、出かけなければならないということも考えられます。

しかし、先々をよく見通していれば、殆どの場合には、土日の予定は事前に立てられるはずです。予定が決まれば必要なお金も事前の用意することができるでしょう。

そうすれば無理な借り入れをする必要も有りませんし、厳しい返済を強いられるような事も無いのです。

例えば友人たちが行き当たりばったりの生活をしているのであれば、自分がそういった人たちをうまくコントロールして計画性を持たせることも考えたほうが良いのです。

常に自分のお金というものを管理しておくことが重要

生活を計画的に行うためには、お金の利用も計画性が必要で、その計画性を持つには、まず自分のお金というものをしっかり管理しておかなければなりません。

そこでアルバイト収入と支出の内容を記録に残して下さい。

そうすれば、自分の支出内容が分るようになりますから、先々どのようなお金が必要になるのか分るようになり、またいつでもどのくらいのお金が手元にあるかもわかるようになります。

そして今後の生活と照らせば、いつどの程度のお金が必要になり、お金を借りる必要が有るのかどうかも判断できるようになるはずです。

土曜日や日曜日になってからお金がないということに気が付くようではまだまだ一人前ではないのです。

~借りることを考えるよりも借りない事を考える事が重要~
本文では借りるということについて考えていますが、実際の場面ではその前に借りなくて済ますにはどうすれば良いかを考える事が重要です。

そのためには支出内容を吟味して、どういった部分の節約ができるのかということを考えてみることも必要です。

ここで土曜日や日曜日の学生ローンの利用について纏めておきます。

  • 学生ローンの融資は窓口か銀行振込で行われる
  • 学生ローンの業者は日曜日は閉店しているが土曜日は開店していて銀行振込は利用できないが窓口での融資は行っている
  • 一般向けのキャッシングなら土日でも利用できる可能性はある
  • 自分のお金を管理し土日に融資の利用が必要になるような事が無いようにするべき

学生ローンにしても一般向けのキャッシングローンにしても借りたら返済しなければなりません。土曜日や日曜日で焦っていても安易な借り入れで返済できなくなるような事は絶対に避けなければなりません。

閉じる
閉じる