学生ローンを調査!親より頼れる金融屋さん探し

自分におすすめの学生ローンとは?使い勝手から業者を選んでみよう!

学生ローンにも様々なものが有り、どれを選べば良いのか迷ってしまう人も多いはずです。インターネット上にはおすすめランキングのような情報が掲示されている場合も有りますが、重要なのは自分の使い勝手です。

ですからまずは自分の要求事項をはっきりさせて、次に学生ローンや学生でも利用出来る一般向けのキャッシングにはどのようなものが有るのか情報を集めることが必要でしょう。

集めた情報を要求事項で評価して、最も要求を満たしているローンを選べば、それが最もおすすめのローンと言うことになります。安易に要求事項を決めると判断が曇るので十分注意して時間をかけて纏めてみて下さい。

学生ローンをどう選ぶ?おすすめの業者というものが有るのか

そこで実際に学生ローンをどう選ぶのかと言うことになりますが、よく利用されるのが、インターネット上にあるランキング形式にした情報サイトです。しかしこういったサイトの情報が実際に自分向きかどうかは判断できません。

そこでまず行ってもらいたいのが自分が学生ローンにどのような要求をしているのかということをはっきりさせることです。例えば18歳でも借入れできるものと言う条件や追加融資が簡単にできると言ったような事です。

そういった条件がはっきりして来れば、それをもとにしてその条件を満たすような業者を探せば、それこそが自分におすすめの業者ということになり、使い勝手も大変良いものになるはずです。

おすすめランキングは参考程度

学生ローンは利用してみたい人でも実際にローンの利用まで行くのかというとそうでもありません。学生ローンを利用しようという場合、その前にどの業者を利用しようかと迷てしまう為です。

貸金業法が強化される前は、都市部ならどこに行っても学生さん向けというような看板を見つけることができましたが現在では学生ローンは学生街のようなところでなければ見掛けません。

このためその他の地域を含めて考えると、なかなか業者を見つけるのが難しい訳です。

ただ最近ではインターネット経由で情報を見つけることができ、申込もインターネット上から申込めることも有るので、これを利用する利用者が増えてきています。

インターネット上には学生ローンを提供している業者のホームページだけではなく、それらを紹介しているようなページが多数存在し、中にはランキング形式にしてお勧め業者を並べている場合も有ります。

ただしこういった情報を参考にするのは良いのですが、業者のサービスはそれぞれ違っており、ランキングになっていたとしても、本当に自分向きかどうかは分りません。

ランキング情報を利用する場合には、そういったことも踏まえてあくまで参考程度の情報と捉えるようにしましょう。

自分の要求をはっきりさせることが重要

そこで自分向きの学生ローンを選ぶ方法を考えてみましょう。まず重要なのは自分は学生ローンをどのように利用したいのかと言う要求をはっきりさせることです。

この要求に合わないようなものを選んでしまったら使いにくくて仕方が有りません。

例えば返済方法として自分としては在学中は利息だけを支払って元本の返済は卒業後にしたいと考えていても、そういった事ができなければ話になりません。

また自分はATMを使って借りたり返したりを繰り返したいと言う要求が有る場合には、学生ローンは諦めて、一般向けのキャッシングローンの内学生でも申込めるものを探したほうが良いと言えるでしょう。

自分の要求を満たす業者こそがおすすめ

このような出来るだけ具体的な要求をまず並べてみて、それを満たすものを探せばよいということになります。

ここで注意しておかなければならないことは要求事項が曖昧な場合には、選ぶ際にも基準がぼけてくるので、的確なものが選べなくなるということです。

ですから要求事項を纏める際には、急いでいるとしても、やはりできるだけ時間を取って、自分の利用方法を想像して、具体的な要求事項を挙げておかなければなりません。

~口コミ情報は信用しすぎてはいけない~
ランキングも一種の口コミ情報になりますが、インターネット上には各ローンの利用者の情報を掲載している口コミサイトというものが有ります。体験談を読めるので重宝しますが、これが本当の話かどうかは分かりません。

しかもその体験談が事実であっても自分に当て嵌まると言う保証もないので、この口コミ情報もやはり参考程度にしておくことを勧めます。

学生が利用出来るローンの情報を集めよう!地域限定の場合に注意

次に重要なのは、情報を集めるということです。折角自分にとっておすすめの業者が有ったとしても、それを知らなければ、選びようが有りません。

幸い現在ではインターネット上に殆どの業者がホームページを出していますから、それを利用して出来るだけ学生が利用できるローンの情報を集めましょう。

ただし、インターネットに情報を掲載しているからと言っても、業者によっては利用出来る地域が限定されていたり、利用できる地域は限定していなくても申込時に来店を要求していたりしていて使えない業者も有るので注意が必要です。

もし学生向けのローンを提供している業者が近くに店舗を構えているのであれば、業者の雰囲気を見られるので、直接行って情報を収集してみても良いでしょう。

殆どの業者がインターネット上に情報を掲示している

要求事項がまとまったところで次に行わなければならないのが、ローンの情報集めです。

以前は街中を歩いたり、雑誌の広告に頼る以外に方法は無かったのですが、最近では殆どの業者がインターネット上にホームページを持っています。

そこで情報を集める場合は本サイトの記事を参考にしつつ、検索エンジンを使って検索を掛ければ、多数の学生ローンの情報が得られるはずです。

自分の利用可能な業者か見極める必要が有る

インターネットに情報を表示している場合、利用もインターネットから可能になっていると考えがちですが、実際にはそうとは言い切れません。情報だけは表示していても、申込みは店舗でと言う場合も有ります。

また申込みはインターネット上から可能になっていたとしても、初回の利用時だけは店舗に来てくれと言う場合も有ったり、そもそも申込みができる地域が指定されているところも有ります。

したがってこうした利用できないローンの情報を集めても意味が有りませんから、情報を集める場合には、自分が利用出来るものかどうかをまず確認してから集めるようにしましょう。

近くにある場合は店舗を見に行ってみよう

また場合によっては業者の店舗が近くにある場合も有ります。そういう場合には一回行ってみて直接パンフレットを貰ったり、分らない点を聞いてみることもできます。

どうも貸金業者にしては雰囲気が怪しかったりした場合には利用は中止して別を探しましょう。健全な経営をしていたとしても、利用者に怪しいと思わせるようなところは避けられて当然です。

また、店舗に行く前にその業者が法に即して正式に業者登録した業者かどうかを金融庁の貸金業データベースを検索して確認しておきましょう。

登録が無いような業者は闇金ですから、近づいてはいけません。十分注意してください。

~来店を要求している業者とは~
申込時に来店を要求している業者の中には、申込者を呼んだうえで、代表者が相手をして、何にお金を使うのかと言ったような話や、お金を借りることの危険性などの話をすることが有ります。

ですからそういう業者を利用する場合には、自分がなぜお金が必要なのかよく説明できるようにしておきましょう。

一般向けローンも無視してはいけない!利用者によっては使いやすい

情報集めで重要なことは学生だからと言って学生ローンの情報だけを集めるのではなく、学生でも利用出来る一般向けのキャッシングローンの情報も集めておくべきだということです。

例えば銀行のキャッシングでも学生の利用を制限していない場合も有り、利用者によっては銀行と言う名前で安心感を得ることができる場合も有るかもしれませんし、金利でもかなり有利に利用できるはずです。

ただし、これらの一般向けのキャッシングローンの場合、返済では学生だからと言って柔軟な対応をしてくれるというわけではありませんから、情報を集める場合には、特に返済方法がどうなっているのかと言う点を調べておく必要が有ります。

一般向けローンの中には学生でも借りられるものが有る

学生ローンの情報を集める方法について説明して来ましたが、学生が利用出来るローンはこれだけではありません。その他の銀行や消費者金融などにも一般向けではありますが、学生でも利用できるものを用意している場合が有ります。

そこで例えば日本全国から利用出来るメガバンクと呼ばれる巨大銀行を含む都市銀行に分類される銀行や、身近にある地方銀行あるいは信用金庫などのカードローンや大手消費者金融のカードローンなども調べてみましょう。

また自分の近くにも中小の消費者金融がある筈ですから、そういったところのキャッシングローンも利用出来るものが有ればどういったものか調べておきましょう。

銀行などのキャッシングなら安心感も有る

学生ローンを提供しているような業者も分類的には消費者金融になりますが、日本人の中には消費者金融に不信感を持っている場合が有って、利用するのは危険だと考える学生もいるでしょう。

そういった場合でも例えば銀行のカードローンが利用できるのであれば、安心感も有るのではないでしょうか。

ただし現在では規制が厳しくなっていて、消費者金融と言えどもそれほど危険な存在とは言えません。正規登録業者なら利用しても問題はないはずですが、こだわりが有る場合には銀行の利用も考えましょう。

返済条件は十分調べておくことが重要

こういった一般向けのキャッシングローンの問題は、返済についてです。学生ローンの場合には、時期的に返済が苦しい場合には返済額を減額したり、利息のみにしてもらう事も融通が利きますが、一般向けの場合には、それほど簡単には減額してもらうような事はできません。

一般向けの中にも返済ができそうにない時には事前に相談することで返済額を一次的に減額してくれるという契約になっている場合も有るので、そういった返済についての情報を良く調べておきましょう。

自分の要求を満たしているからと言って一般向けにはそういった危険性もはらんでいると言うことをよく覚えておいてください。

~自分の返済能力を見極めよう~
本文では自分の要求を明確にすることが必要と説明していますが、もう一つ是非やっておきたいのが、自分の返済能力の見極めです。月々の自分の収支を計算して自分には月々どの程度の余裕が有って返済に回すことができるか計算しておきましょう。

自分の要求事項を満たしているか?自分なりに採点してみよう

要求事項ができていて、業者の情報も集まったらこの要求事項を満たしているかどうかで各業者のローンを採点してみましょう。最も要求を満たしているローンが自分にとっておすすめのローンと言うことになります。

自分だけでは選ぶのが不安だという場合には、周囲に選ぶ作業を手伝ってもらっても構いませんが、重要なのは最終決断は自分で行うことです。お金が絡んだ話と言うのは後々問題が起きることも有るので、すべては自己責任で行いましょう。

これで業者が選べたからすぐに申込みをしようと考える人も多いはずですが、その前に是非もう一度本当に必要な借入れなのか考えてみて下さい。ローンは要するに借金です。利息を払わなければならず差し引き損です。十分注意しなければなりません。

最も自分の要求を満たしているのはどこか?

自分の要求が明確になり、必要なローンの情報が集まったところで、次に行ってほしいのがローンの情報を要求事項に従って評価してみることです。

最も要求を満たすローンこそが自分にぴったりの学生向けのローンということができます。

もちろん要求を全部満たすものがそうそうある訳ではないので、もっとも満たしているものを選ぶということになります。

もし評価中に必要な情報が足りない時は、直接業者に問い合わせを行うなどして曖昧な部分を無くすようにしましょう。

ただし情報は時々刻々と変わっていくものですから、以前調べた情報を利用するようなことはせず、必要な時に最新情報で評価するようにして下さい。

判断は自分で行う事

もちろん評価の段階で自分では判断がつかないような事が有ったり、自分の判断に自信が持てない場合には、周囲に相談して評価を手伝ってもらうと良いでしょう。

ただし評価について相談するのは構いませんが、最終的にどのローンを選ぶのかと言う段階では、あくまで自分が判断の主体になってください。

お金の話と言うのは、軋轢を生み易いもので、例えば選んだローンが使いにくかったり何らかの問題が生じた場合、選んだ時の話になって誰かを悪者にするような事にもなりかねないのです。

自分が利用するローンですから全責任は自分にあるということは肝に銘じてください。

申込む前に再度借入れの必要性を考え直してみよう

いよいよ利用したいローンが決まって次は申込みということになる訳ですが、実はその前に行ってほしいことが有ります。

それは再度本当に必要性のある借入れなのかどうかを確認してみることです。

ローンと言うのは借金ですから、当然利息を支払わなければなりません。したがってその分については自分の損失になるということです。ですから、事業でもするなら別ですが、そうでなければ本来は利用しないほうが良いのです。

ですから、この時点で本当に必要なのかを考え直してみることが重要です。必要性が無かったり、緊急に借りる必要が無いのであれば、借入れは先に延ばしにしたほうが無難です。
~ローンの利用を考える場合はまず借りない方法が無いかを考えるべき~
最近ではキャッシングと言う考え方が出来たためにお金の借入れのハードルが下がって来てしまいましたが、ローンを借りようという場合にまず考えてほしいのは、借りなくて済ませることはできないかと言うことです。

借りなくて済ませられればその後の返済も無い訳で、返済できなくなる危険も有りません。まずは何とか遣り繰りできないかを考える習慣を付けましょう。

ここでお勧めの学生ローンについて纏めておきます。

  • お勧めの業者は自分の要求を満たしている業者で利用者それぞれで違う
  • 最適なローンを探すには多くの学生ローンの情報を集める必要が有る
  • 一般向けローンにも学生が利用できるものが有る
  • 集めた情報を自分の要求に沿って評価して最も要求を満たすものが最適なローンになる

良いローンでも自分が返済できなくなる可能性も有るので、選ぶ際には返済方法についても良く評価しておくようにして下さい。

大阪も大都市で大学や専門学校が多く、学生ローンを利...

学生ローンの店舗の多くは東京に集中していますが、京...

学生ローンは今やネット上から利用する人が多いですが...

新宿はビジネス街で学生も多いですが、それ以上にビジ...

学生ローンを提供している業者の店舗は大変少ないです...

アコムは国内最大手の消費者金融で、カードローンの他...

閉じる
閉じる