学生ローンを調査!親より頼れる金融屋さん探し

奨学金と教育ローンの違い。学生では教育ローンの利用は難しい!?

学費を借りる方法としては奨学金と教育ローンが良く知られていますが、この2つの大きな違いは奨学金の借り手が学生本人で、教育ローンの場合には返済能力のある親などの保護者ということになります。

教育ローンにはいくつかあり、銀行が提供するものや信販会社が学校と提携して提供しているものなどが良く知られており、親の経済状況なども良く考えて利用するものを選ぶ必要が有ります。

両方とも教育費を賄うための借入れになりますが、基本的には奨学金の利用が一般的で、奨学金では受給が間に合わない部分などを教育ローンで賄うというような使い分けを親子で考えておきましょう。

また返済方法についても検討しておく必要が有るでしょう

学費はどう用意すれば良い?奨学金と教育ローンどういう違いが有るか

最近は親の世代も余裕が無くなってしまい、学費を借りる必要が有る学生が増えてきています。

学費に利用出来る借入方法としては奨学金と教育ローンあるいはフリーローンが考えられますが通常は奨学金か教育ローンの2択ということになるでしょう。

日本では奨学金も返済するのが普通ですから、奨学金と教育ローンと言うのは実質的に違わないと思っている人がいるようですが、両者は借り手がそれぞれ学生本人か保護者かという違いが有ります。

教育ローンは学生でも条件が満たせれば借入れはできるものになっていますが、返済能力などを考えれば、審査通過は難しいと考えなければなりません。

学費に利用出来る借入方法とは

日本は長らく経済的な苦境に追い込まれていたために、現在高校やさらに上級の学校に通う子供を持つ親の世代はなかなか学費を用意することが難しくなってしまいました。

このため、学費を借入れするのが今や普通の状態になっています。

学費として利用出来る借入方法としては次のようなものが有ります。

  • 奨学金
  • 教育ローン
  • フリーローン

学費と言えば奨学金ということになりますが、その他にも教育ローンと言う形で教育に利用出来るお金を借りることができますし、また利用目的を問われないフリーローンの利用も可能です。

奨学金と教育ローンの違いは借り手

奨学金と教育ローンと言うのは結局お金を借りる事なのだから何故分けているのかわからないという人もいますが、確かにお金を借りることに違いはないのですが、明確に違う部分が有ります。それは借り手です。

奨学金の場合利用ができるのは学生本人になりますが、教育ローンと言うのは親が借りて子供のために利用するという形になります。

また返済についても奨学金の場合には、学生が卒業後ということになりますが、教育ローンと言うのは原則としては借入れた翌月から返済が始まることになります。

教育ローンの学生の利用は難しい

教育ローンは普通の目的別ローンの1つなのだから学生が借りても構わないだろうという人もいますが、確かに条件さえ満たせば借入れは可能でしょう。

しかし、学生の場合安定した収入は期待できませんから、申込んだとしても審査に通過するのは難しいはずです。

学生が利用できるとすれば、既に企業などに就職していて、安定した収入が有り、大学の2部などに入学する社会人というようなちょっと特殊なケースだけでしょう。

ですから教育ローンが必要だと思ったら、まずは親などの保護者に相談してみることが必要です。

~日本の奨学金は実質ローン~
そもそも奨学金と言うのは世界の常識で言えば返済の必要のない給付型が普通です。ところが日本だけは給付型はお飾りでほとんどが返済しなければならない貸与型と呼ぶものになっています。

したがって日本の場合奨学金とは名ばかりで、奨学金は一種の教育ローンだと捉えておいた方が実態に合ったものと言えるでしょう。

教育ローンにはどのようなものが有るか?どれを選ぶかよく考えよう

教育ローンと言うのは通常は銀行の目的別ローンの一つを指すことになりますが、信販会社が提供している場合や民間のものが借り難い人に対しては国が提供しているものも存在しています。

これ等の中から、主に親の返済能力を考えて、利用する教育ローンを決める必要が有ります。返済能力が十分あれば銀行のもので決まりですが、そうでない場合には他のものを検討する必要が有るでしょう。

またこういった教育ローンはキャッシングなどとは違い審査にある程度の期間が必要になってしまうため、申込時期はよく考えなければなりません。

納入期限ぎりぎりに申し込んだのでは期限に間に合わなくなってしまいます。

教育ローンの種類

では親が借りることになる教育ローンにはどういったものが有るのか調べておきましょう。

教育ローンには次のようなものが有ります。

  • 銀行などの目的別ローンの1つの教育ローン
  • 信販会社の教育ローン
  • 国の教育ローン

教育ローンと言えば銀行のものを思い浮かべる人が殆どでしょうし、利用者数も最も多くなっていると考えられます。

しかしここで示したように教育ローンはこういった銀行だけが提供しているものではありません。

例えば信販会社が提供している教育ローンも存在していて、中には学校側と提携して信販会社が提供している教育ローンも有り、契約しておけば在学中は学費の心配がいらないようになっている場合も有ります。

またこういった民間の教育ローンの場合それなりの審査が有って、経済的な苦境にある世帯の場合、審査通過が難しくなることも有ります。

そういったことも有って、現在では国の機関である日本政策金融公庫と言うところが国の教育ローンを提供しています。

この国の教育ローンは所得制限が有って、一定の所得以下でなければ融資が利用できないというようになっています。

親の状況をよく考えて利用する教育ローンを決めよう

ではどの教育ローンを利用すれば良いのかと言う話になりますが、最も重要なのは審査に通過できるのかということです。

そこで考えなければならないのは借り手である親の収入や信用と言った状況をよく考える事です。

銀行の教育ローンは大変審査は厳しくなるので、返済能力が小さい場合は避けなければなりません。

信販会社の場合には銀行よりも金利は高めですが、審査は緩めになり、学校と提携しているものの場合には、学校も入学してもらわなければ困りますから、さらに審査は緩いと思われます。

それでも審査通過は厳しいという場合には国の教育ローンを利用することも考えてみましょう。

申込時期にも要注意!間に合わない可能性も有る

教育ローンを利用する場合注意が必要なのは、申込みの時期です。

例えば合格発表後に申し込んで入学金の支払期限までに審査に通過して融資が受けられるかどうかは、どの程度の時間的余裕が有るかに掛っています。

最近ではキャッシングなどで即日融資と言ってすぐに借り入れできてしまうため、ローンは皆同じと考えている人も多いようですが、教育ローンの審査と言うのはそう簡単ではありません。

申込み後審査を経て実際に融資されるまでに、教育ローンにもよりますが10~20日程度は見ておかなければなりません。

したがって、場合によっては合格発表を待たず、申込みを行っておき、不合格の場合にはキャンセルするというような事も考えておく必要が有ります。

~学費の借入は学生ローンでも可能~
学費の借入れと言うのは学生ローンのようなフリーローンでも可能ですが、こういったフリーローンは金利が高いうえに、それ程高額の借入れはできないので、あまり学費向けにはお勧めできません。

緊急に必要になった場合だけ利用を考えるべきでしょう。

奨学金と教育ローンは使い分けが重要!親子で話し合っておこう

では奨学金と教育ローンどちらを利用すれば良いのかということになりますが、基本としては学費は奨学金を利用するというのが一般的で、卒業後に返済して行くことになります。

しかし奨学金と言うのは学校に入学してから申込む事になるので、入学前に掛ってくる費用については、奨学金では賄うことはできません。そこでこの部分については教育ローンの利用を考えるようにしましょう。

つまりこのような学費の借入れで奨学金と教育ローンはどちらかを使うのではなくて使い分けが必要ということになり、まずは高校在学中に親子あるいはこれに担当教諭を加えて利用方法を考えておきましょう。

基本は奨学金の利用

そこで学費を用意する場合この奨学金と教育ローンのどちらを利用すれば良いのでしょうか。

まず有利さを考えれば、いくら制度的に問題が有ると言われたとしても奨学金を利用するが基本と言えるでしょう。

返済を考えても教育ローンの場合返済方式によっても違ってきますが、在学中であっても少なくとも利息分だけでは支払っていかなければなりません。

しかし奨学金の場合は、在学中に何らかの形で返済が必要になるということは有りませんから、学生としても親としても、大変助かるはずです。

奨学金では賄えないものについて教育ローンを借りよう

ただし、学費の中には奨学金では賄えないものが有るので、その部分については教育ローンの利用を考えなければなりません。

奨学金は学校に入学後に説明会が開かれ申込みの受付が行われます。ですから奨学金として受給できるのは、入学後ということになる訳です。

しかし学費はこれでは間に合わない場合が出てきます。

例えば先ほど説明した入学金や初年度の前期の授業料は入学前に納入期限がくるのが普通です。これでは奨学金は間に合わない訳です。

ですからこの部分だけは教育ローンを利用して、初年度の後期授業料以降は奨学金を利用するというように、どちらかを選ぶというよりも上手に組み合わせて利用することが必要になるのです。

高校在学中に学費をどのように用意するか親子で話し合っておこう

そこで実際にどのように学費を準備すれば良いのかについて、高校在学中から親子でしっかり話し合いをしておきましょう。

制度的なことが良く分らないという場合には、高校の担当教諭にも相談に行って、入念に検討しておくべきでしょう。

またもし地方から東京などの学校に進学して親元を離れて生活する場合には、それに掛ってくる費用についても同時に考えておかないと、学費は用意できたが生活ができないという事になるので注意してください。

学生生活に支障が出ないように、親子で知恵を絞って、漏れの無いように隅から隅まで検討して、資金計画を練り上げてください。

~給付型奨学金を狙う方法~
もし給付型の奨学金を狙いたいという場合は、国の提供しているものは、条件が厳しすぎて可能性は殆ど無いので、民間企業が提供しているものを狙ってみて下さい。

この場合申込みが高校在学中に行われるものも有りますから、高校にも相談して、機会を逃さないように注意しましょう。

また入学する学校によっても給付型の奨学金を提供していることが有るので、合格したらすぐに相談に行ってみましょう。

借りたお金は返さなければならない!学費の返済方法も考えておこう

ただし、どちらを利用するにしても、借りたお金は返済しなければなりません。このため、奨学金や教育ローンを借りようという場合には、借入れの前に借入れ総額がいくらになるのか計算しておきましょう。

もし親が借りることになる教育ローンの返済で親に大きな負担になると考えられる場合には、返済方式として、在学中は利息分だけにして卒業後に本人が元本の返済を行える様なものを選べば良いでしょう。

いずれにしても奨学金と教育ローンを合計した借入額はかなりの高額になってしまうのが普通です。

特に最近では返済できなくなってしまう人も多く、こういった借入れを行う場合には、これ等の返済を組み込んだ人生設計が必要です。

まず借入れ総額がどの程度になるのか計算しておこう

どういった借り方をするにしても、無事借入れの目途がついたら、まずは卒業までにどの程度の借入総額になるのかを計算しておきましょう。

借りたものと言うのは返さなければなりません。最近では奨学金の返済ができなくなって自己破産に追い込まれる人も少なくないのです。

ですからまずは自分や親が幾ら借入れして、どのくらいの期間返済して行く必要が有るのか、計算してみましょう。

親に負担が掛けられなければ元金返済が卒業後になる教育ローンもある

もし親にあまり返済能力が無く、負担が掛けられないにもかかわらず、教育ローンを借りてもらわざるを得ない時は、教育ローンの返済に注意しなければなりません。

教育ローンの場合、説明したように借りたら翌月以降返済して行かなければなりません。

借入金額によって変わってきますが、親にも負担が掛ってくるのは間違いありません。

そこで教育ローンを選ぶ場合には利用出来る返済方式に注目して、元金の返済は学生の卒業後に出来るものを探しましょう。

そうすれば親の負担は月々利息分だけということになり、かなり楽になるはずです。

そして卒業後に親に代わって子供が元金の返済を行えば良い訳です。

ただし、この場合在学中は利息だけの支払いのため、元金は減りませんから、最終的な返済総額は増えることになるので注意しなければなりません。

学費の返済を組み込んだ人生設計をしておくことが必要

説明したように教育ローンの返済も実質的に本人が行うということになると、卒業後は奨学金の返済も始まるので、合計の返済額と言うのはかなり高額になります。

卒業して就職すれば給与が出ますから、返済は可能かもしれませんが、大きな負担になる事は間違いありません。

勤め続ければ給与も上がっていきますが、それまでの間は生活を圧迫する事は間違いないでしょう。

こういう事も有って先ほど触れたように自己破産してしまう場合も出てくるわけです。

このため給料がもらえるようになったら学費の返済というものを最初から組み込んだ長期的な人生設計を行っておかなければなりません。

就職すれば返済できるだろうと安易に考えていては、返済できなくなってしまうことも無いとは言えないのです。

学生時代は良いのですが、卒業後は奨学金が生活の足を引っ張ることになることもあるのです。

そろそろこのような欠陥のある奨学金制度は止めて、給付型奨学金を充実させる時期に来ているということを国も理解すべきでしょう。

~奨学金には返済免除という制度も有る~
学部の奨学金では無理ですが、大学院の奨学金の場合、全額免除や半額免除と言う制度が有ります。

もちろん成績などの条件が有るので誰でもと言うわけではありませんが、せっかく学業を続ける訳ですから、優秀な成績を残して、少しでも返済額が減らせるように頑張ってみてはいかがでしょう。

ここで奨学金と教育ローンの違いについて纏めておきます。

  • 学費に使える借入には奨学金や教育ローンが有りこれらは借り手に違いが有る
  • 教育ローンには銀行や信販会社の他国が提供しているものも有る
  • 奨学金と教育ローンはどちらかということではなく使い分けが必要になる
  • 借りたお金をどのように返済して行くのかも考えておく必要が有る

日本は自分の能力に合った教育を受ける権利が保障されていて、様々な制度が用意されており、お金がないからと言って諦める必要はなく、利用出来る制度を根気よく探すことが重要です。

閉じる
閉じる