学生ローンを調査!親より頼れる金融屋さん探し

国の教育ローンは奨学金とはどう違うの?学生自身向けか保護者向けか

教育ローンと言えば銀行のものを思い浮かべますが、教育ローンには国が提供しているものも有り、世帯収入の制限などをクリアしていれば、誰でも申込むことができます。

国がやっているのであれば奨学金とどう違うのかと疑問がわきますが、奨学金はあくまで学生自身が借りて社会に出てから返すもので、教育ローンと言うのは親が借りて子供の教育に利用するものです。

この2つをどのように利用すれば良いのかというと、奨学金の申込みは入学後になるため、入学前にかかる費用については教育ローンのほうを利用し、以後の費用を奨学金で賄うなど使い分けが必要です。

どちらの場合も計画的な返済が必要ですから注意して利用しましょう。

教育ローンは民間の他に国のものが有る!国の教育ローンとは?

教育ローンと言えば銀行などの民間の金融機関が提供しているものを思い浮かべますが、教育ローンはこういった民間のものだけではなく国の機関である日本政策金融公庫が提供しているものもあります。

もちろん通常は民間のものを利用するのが普通ですから、この国の教育ローンは民間では借りにくい世帯収入が低い人向けに作られたもので、利用条件には世帯収入によっては申込みができない場合もあります。

教育ローンと言えば主に学費のために借りるというのが普通ですが、同じ目的で国には奨学金もあります。

このため国の教育ローンの場合、どちらかしか使えないのではないかという心配がありますが、両者を併用することも可能になっているので安心です。

日本政策金融公庫の教育ローン

教育ローンは各銀行にも必ず目的別ローンとして用意されているような、良く知られたローンですが、こういった民間の金融機関が用意しているローンと言うのは、比較的審査が厳しく否決になることも有ります。

特に近年のように不況にあえいだ時期が有ると、収入が減ってしまって、子供の教育のためのお金が用意できずにローンを利用したいという保護者は多いはずです。

しかし不況等で返済能力の評価も落ちて銀行の教育ローンの審査通過が難しい人が増えてきており、注目されてきているのが国が用意した教育ローンです。

国の教育ローンは日本政策金融公庫と言うところが提供していて、民間と比較して次のようになっています。

教育ローン 融資限度額 金利
国の教育ローン 350万円 1.76%(固定)
M銀行の教育ローン 500万円 3.975%(変動)

上限額としては民間銀行に比べて少ないですが、金利は非常に低く民間のものよりも有利な利用ができるようになっています。

世帯収入によっては申込ができない場合が有る

ただし、この国の教育ローンは所得の低い人に向けた貸付けと言う位置づけの為、誰でも利用できるというものではありません。

申込む場合には、所定の所得制限を満たしている必要が有ります。所得制限は子供の数によって違っていて、次のようになっています。

子供の数 所得(世帯年収)制限
790万円以内
890万円以内
990万円以内
1090万円以内
1190万円以内

ただし、細かい規定が有るので、必ずホームページなどで確認して下さい。

上限は結構高額になっているので、多くの家庭で利用することができるはずです。

もし所得がこの上限を上回っている場合には、国の教育ローンの利用はできません。もちろんこの上限を上回っていて、信用に問題が無ければ民間の教育ローンも文句なく利用できるはずです。

奨学金との併用が可能

もう一つ利用を考えていると心配になるのが、国の奨学金との併用ができるかと言う点でしょう。

両方とも国の貸付けということで、制限が付くのかもしれないと考えても不思議ではありませんが、この場合併用を特に制限する規定は有りません。

したがって教育ローンを借りて更に奨学金を利用するという資金計画を立てたとしても問題は有りません。

教育費は高騰していますから、場合によってはそういった併用を行って学費を用意することも必要になるでしょう。

~日本政策金融公庫とは~
日本政策金融公庫は2008年に設立された財務省が管理する特殊会社で、それまで有った国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫を合わせたものと考えれば良いでしょう。

融資内容は本文で説明している教育ローンに限らす、国民生活や農林漁業、中小企業の振興のための様々な貸付けを行っています。

奨学金と国の教育ローンはどう違うの?借り手に注意

日本の奨学金と言うのは奨学金と言う名前にはなっていますが、卒業後返済して行かなければなりませんから、実質的には一種の教育ローンと考える事ができます。

ではこの奨学金と国の教育ローンはどのように違うのかと言えば、最も大きな違いは借り手にあります。奨学金は学生本人が借りて卒業後に返済することになりますが、教育ローンは保護者が借り手になります。

ですから返済能力が有れば、教育ローンの場合には、受験前でも申込んでおく事が出来て、実際に合格したらすぐに融資を受けることも可能になっています。

国の奨学金はローンと思ったほうが良い

では国が提供している奨学金と国の教育ローンはどのように違うのかを説明して行きましょう。まず奨学金の実態を説明します。

世界的な認識としては奨学金と言うのは学生生活を支援するために学生に対してお金を給付するもので、そのお金は給付ですから返済の必要はありません。

ところが日本の国の奨学金に限っては、給付型のものも有りますが、殆どは貸与型奨学金と言われるもので、卒業後には返済して行かなければならないものです。

こういったものは世界的に見れば、奨学金とは言わず一種の教育ローンと考える事が出来ます。

奨学金と国の教育ローンは借り手が違う

そこでこの国の奨学金と国の教育ローンはどのように違っているのかと言う話になりますが、奨学金も一種の教育ローンなら結局差はないのではないかと考える事もできます。

しかし大きな違いは借り手です。奨学金と教育ローンの借り手は次のようになっています。

借入方法 借り手
奨学金 学生本人
教育ローン 保護者

つまり教育ローンと言うのは学生本人ではなくて保護者が申込んで子供の教育に利用するものということです。

ただし学生でも既に就職しているなどして、安定して収入が有るのであれば、自分で借入れすることも可能です。

教育ローンは受験前でも申込みが可能

もう一つ大きな違いとしては教育ローンの方は、受験前でも申込みをすることが可能だということです。

申込みが保護者ですから、返済能力に問題が無ければ、審査を進めることができます。

ですから予め申込みをしておいて、審査を進めておき、合格と同時に融資を受けて教育費として利用することも可能と言うことです。

国の教育ローンは申込みから融資まで概ね20日程度必要ということになっていますから、予め申し込みができるというのは非常に重要なことです。

~経済大国とは思えない日本の奨学金制度~
国の奨学金に関しては、日本の常識は世界の非常識と言うことができて、経済大国などと言っていますが、世界最低のまがい物の奨学金と考える事ができます。

卒業後に返済に行き詰ってしまう人も多く、現行制度が続くのであれば、利用には十分注意しなければなりません。国には国民が苦しむような制度を早急に改善して、世界の常識に合わせて欲しいものです。

奨学金と教育ローンは使い分けよう!親子で計画を立てる必要が有る

奨学金と言うのは試験に合格して入学した後、説明会が有り、申込みを経て実際の受給ということになるので、入学時に利用できると言うものではありません。

ですから学費を用意するには入学前に掛ってくる費用を奨学金で賄うのは難しくなります。

そこで合格後入学までにかかる入学金などの費用は奨学金では間に合いませんから、この時点では教育ローンの利用が現実的です。

また入学後に掛ってくる費用については奨学金でも間に合いますから、両者の使い分けを考えましょう。

教育ローンは保護者が借りることになる訳ですから、学費をどのように用意するかということは、高校在学中から、親子と場合によっては高校の担当の教諭も交えてよく計画を練っておくようにして下さい。

奨学金は申込みが入学の後になる

では奨学金と教育ローンをどのように利用すれば良いのかと言う話になりますが、この話はこれ等のお金がいつ借りられるかと言う事も考慮して考える必要が有ります。

説明したように国の教育ローンと言うのは、たとえ受験前でも申込みができるというように、条件さえ満たしていればいつでも申込みが可能です。

しかし奨学金の方はいつでもと言うわけにはいかず、学校に入学してから各学校で説明会が行われて、その後申込みということになります。

したがって実際にお金が受給できるのは入学してからということになります。

入学時の費用は教育ローン以後は奨学金と使い分けを考える

そこで学費はいつ必要になるかを考えてみると、まず必要になるのは入学金と前期分の授業料で、支払いは多くの場合入学前です。

そうするとこの入学前に支払うお金と言うのは入学後に受給できる奨学金では間に合いませんから、自己資金を用意するか、別途借り入れを考えなければならないという事になります。

そこで利用したいのが教育ローンです。教育ローンなら先ほど説明しておいたように申込時期さえ間違わなければ、合格直後でも融資の利用が可能です。

そこで入学前に掛ってくる費用は教育ローンで、以後奨学金が受給できれば、後期分の授業料からは奨学金を利用すると言うように使い分けると良いでしょう。

高校在学中から親子で話し合って学費の調達計画を立てよう

もちろん個々の家庭でどのようにお金を用意して行くのかは違ってくるでしょうから、高校在学中から情報を集めて、親子で計画を練っておくことが必要です。

ただし、家庭内だけでは最新の情報を集めるのはなかなか難しいはずですから、高校の担当教諭にも相談して、最新情報も得つつ計画を考える事が重要です。

また学費と言っても合格のもっと前の願書の提出時にも受験料が必要で、一つ一つの受験料は少額でも何か所も受験すれば、すぐに受験料は膨れ上がりますから、そういったお金についても考えておきましょう。

~民間の奨学金にも目を向けよう~
日本では国の奨学金は最低の制度ですが、民間企業でも奨学金を出しているところが有って、こちらの方は受給できる人数は少ないですが、大変まともな奨学金で給付されるものですから返済の必要はありません。

奨学金の利用を考えて場合には、こういった民間の奨学金にも目を向けるようにしましょう。

国の教育ローンは元金を据置き在学中は利息の返済だけにできる!

国の教育ローンの返済は2つの方式が用意されていて、一つは借りた翌月から元金も分割して返済しますが、もう一つは在学中は利息分だけの支払いで済ませることも可能な元金据置返済というものです。

元金据置返済では元金分は卒業後に元金を返済する訳ですから、保護者の返済能力が低い場合でも、卒業後は学生自身が引き継いで返済して行くことも考えられる訳です。

ただしどのように学費を用意するかにも関係しますが、卒業時に奨学金と教育ローンの合計でどのくらいの負債を背負うことになり、月々いくら返済しなければならないか良く調べておく必要が有ります。

返済額が大きすぎて返済出来なくならないように十分注意して下さい。

国の教育ローンの返済方式は2通り

ローンというのは借りたら返さなければならないものです。もちろん国の教育ローンも返済しなければなりません。

国の教育ローンの返済方式には次の2種類が有ります。

返済方式 解説
元利均等返済方式 月々利息分と元金の返済分の合計が均等になるようにしている方式でボーナス月に増額することも可能
元金据置返済方式 在学中の返済は月々利息分のみで卒業後は元利均等方式で返済する方式

どちらを選ぶかは利用者次第で家計の状況に合わせて考えるようにしてください。

元金据置返済では元金の返済を学生が社会に出てから行うこともできる

解説を読めばわかると思いますが、元金据置返済方式を選んだ場合は、在学中は利息分だけを支払えばよいことになります。

もし保護者の返済能力が低いか、あるいは他にも兄弟がいて、とても返済して行けるだけの余裕が無いという場合は、元金据置返済方式を利用すれば当面支払う必要が有るのは利息のみで負担は少なくて済みます。

もちろん借入れした元金の返済が無くなる訳ではありませんから、この場合、卒業後は親子で返済するかあるいは子供のほうが支払っていくことも考えられます。

ただし元金据置返済方式は、在学中は元金の返済が無く、月々の利息は減ることが有りませんから、返済総額は元利均等返済方式よりも高額になるので、その点は了解しておかなければなりません。

奨学金と合計で返済額が大きくなりすぎないかよく考えよう

もし奨学金と組み合わせて教育ローンを利用した場合で教育ローンの返済が残っていた場合、卒業後の返済額は奨学金分と教育ローン分の合計ということになります。

特に教育ローンを元金据置返済方式で利用して、卒業後は子供が返済する場合は返済額はそれなりに高額になるでしょう。

このため1つ1つは返済が可能でも、合計すればかなり高額の返済を強いられる可能性も出てきます。

ですから、奨学金や教育ローンの利用を考えるときは、予め自分が就職後に返済することになる金額を試算してみることも重要です。

余りにも高額になりそうなときには、お金の調達方法を考え直して、もっと負担を少なくできないかを検討することも必要でしょう。

これも日本の奨学金制度があまりにも酷過ぎるのが原因ですが、現状どうしようもないので、酷いものを上手に利用するにはどうすれば良いのか知恵を絞ってください。

~学生ローンは学費として利用出来るか~
学生ローンは利用目的は原則として自由ですから、借りたお金を学費として利用することは可能です。

ただし、学生ローンの融資上限は50万円程度で、実際に融資されるのは更に少額になってしまいます。

したがって、学生ローンだけで学費を賄うのは難しく、やはり他との併用を考えなければなりません。

また学生ローンは金利が高いですから、借入れは不利になるので、あまり高額の利用は勧められません。

ここで国の教育ローンと奨学金との違いについて纏めておきます。

  • 教育ローンは民間のものだけではなく国のものも有り奨学金との併用も可能
  • 奨学金は学生自身が借りるもので教育ローンは原則として保護者が借りる事になる
  • 入学前に掛る学費は教育ローンで賄い入学後に掛る学費は奨学金で賄うというように使い分けを考えると良い
  • 国の教育ローンは在学中は元金の返済をしない元金据置返済も可能

奨学金にしても教育ローンにしても返済できなければ、最悪自己破産です。そういうことにならないように返済計画はしっかり立てるようにして下さい。

閉じる
閉じる