学生ローンを調査!親より頼れる金融屋さん探し

学生ローンは未成年でも親バレしない?学生証の提示が重要になる

ローンと言うのは法的に未成年者に貸してはいけないという規定はありませんが、実際に融資するかしないかは業者の考え方次第で通常は年齢制限があり、学生ローンでは18歳以上か20歳以上になっています。

ただしローンの利用は契約を結ぶ必要が有るため、未成年の場合には親の同意が必要です。ただし現在学生ローンの多くは、18歳でも学生証を提示することで親への確認が行われていないため親バレはしません。

ただし学生ローンであっても、高校生の利用はできないとされているので、18歳になっていたとしても、もしお金が必要と言う場合には、まずは親に相談してみることからはじめてみましょう。

ローンは未成年でも借入可能!ただしローンによって対応が違う

ローンは未成年でも法的な規制は無く融資ができますが、実際に融資するかどうかは業者の判断になり、各ローンには申込条件が決められている為、この条件を満たさなければ未成年でも成人でも利用できません。

この申込条件には通常年齢制限が設けられていて、一般向けの殆どは20歳以上、学生ローンの場合は18歳以上の場合と20歳以上の場合が有り、ローンさえ選べば未成年でも融資の利用が可能です。

ですから、学生ローンを選ぼうという場合には、まず申込条件を確認して、自分が申込めるかどうかの確認が必要です。特に未成年の場合には何らかの条件が付いている可能性も有るので、見逃さないでください。

ローンの申込条件には年齢制限が有る

ローンの申込みを行うのは法的には年齢による制限は無いので、この点では未成年でも借入れを行うことはできるわけです。

しかし融資するかどうかは業者が決めることになりますから、業者は各ローン毎に申込条件を決めており、この条件を満たしていなければ、未成年であろうが成人であろうが、ローンの申込みはできません。

この申込条件には様々なものが有りますが、各ローンに共通しているのは次の2つの項目です。

  • 年齢制限
  • 収入要件

当然ですが収入が無ければ返済できませんから、安定した収入が申込条件になっています。

そして申込みができる年齢も決められていて、一般向けのキャッシングなどの場合には、上限は70歳程度でそれぞれ違いが有りますが、下限はほぼ20歳以上で共通しています。

つまりこの場合には未成年者は借りることはおろか申込みもできないということです。

学生ローンでも18歳以上の場合と20歳以上の場合が有る

では学生ローンはどうかと言うと、各学生ローンで対応が違い、一部の業者は一般向けのキャッシングと同じように20歳となっている場合が有って、未成年の利用ができなくなっています。

しかし、その他の多くの学生ローンでは年齢制限の下限は18歳となっているため、そういった学生ローンを選べば、未成年者でも申込むことが可能です。

したがって例えば高校卒業後に大学に進学して、アルバイトを始め月々ある程度の収入が有れば、学生ローンを申込むことが出来るようになります。

ローンを選ぶ場合には申込条件を満たすか確認する必要が有る

ですから、学生ローンにしても一般向けのキャッシングにしても申込みを行なおうと言う場合には、まずは自分に申込みができるかどうか申込条件を確認することから始めましょう。

申込みができないのでは、その先にある親バレせずに利用できるかどうかというような事も確認したとしても全く意味の無いことです。

確認する場合には年齢だけではなく収入や、場合によっては申込みができる地域なども申込条件に入っているので、こういった点についても漏れの無いように確認しましょう。

~成人していれば学生でも一般向けのキャッシングの利用も可能性有り~
本文でも触れていますが、20歳以上であれば一般向けのキャッシングが申込めますから、学生でも成人していればこれ等の申込みができます。

したがって、返済できる収入が有るのであれば、利用候補に挙げる事も可能です。

親バレせずに学生ローンは利用可能?契約を交わすときが問題!

しかし未成年にはその他にも問題が有ります。ローンを利用するためには金融業者との間に契約を交わさなければなりません。この契約が行われなければ業者側も危なくて貸すことができないのです。

そこで問題になってくるのが民法の規定です。民法には未成年が何らかの契約を交わす場合には、親権者の同意が必要ということになっており、この同意が無ければ契約後でも契約無効になる場合も有ります。

ただし、学生ローンの場合には学生証を提示してもらうことで、特に親への同意確認をせずに融資を行っている場合が多く、こういった業者を選べば、親バレせずに融資の利用が可能です。

ローンの借入には契約を交わす必要がある

このように学生ローンであれば未成年でも融資を利用出来る可能性が有ります。

ただしローンを利用する前には、借り手の学生と貸し手の学生ローンの業者との間で契約を結ばなければなりません。

審査に通過したとしてもこの契約が交わされるまでは融資は行われません。

この手順は学生ローンでも違いが無く、書面で行うかあるいは現在ではインターネット上で行っている業者もあります。

ローンの利用に限りませんが、社会に出れば何をするにもこの契約というものが大変重要だということを覚えておきましょう。

契約では民法の規定に注意

さてここまでは親の話は出てきませんでしたが、ここからが問題になります。

契約を交わす場合には民法に従う必要が有ります。民法の規定に従った場合には、未成年者の場合契約自体は可能ですが、親権者の同意が必要ということになっています。

もしこの規定に反して、親権者の同意を得ずに契約してしまって、後々親権者がその契約の無効を要求したら、業者には対抗する手段は有りません。

もしこの間に融資してしまっていたら、融資したお金が戻らなくなる可能性も無いとは言えません。

学生ローンは18歳でも親の同意を求めていないものが多い

では実際の学生ローンの場合にはどうなっているのでしょうか。

民法の規定は有るものの、多くの学生ローンでは18歳でも親に連絡せずに契約が行われ融資しています。

つまり多くの学生ローンでは親バレせずに融資の利用が可能になっているということです。

厳密に言えば法律違反ということになりかねませんが、学生ローンの利用者の9割以上が親バレしたくないと考えている為、業者の方もやむを得ない面が有ることは事実です。

ただし業者の方も安易な融資は行えないため、学生証の提示を求めて通学する学校を特定をしていて、学生の方も安易な利用ができないようにしています。

また業者の中には親の同意を求めている場合も有るので、親バレを避けるためには、事前に調べてそういった業者は避けなければなりません。

~18歳未満では借入れは無理~
本文では18歳以上なら融資が利用できる可能性が有ると紹介していますが、18歳未満の場合は融資してくれる業者は有りません。

お金が必要と言う場合でも自分で用意するのは難しいので、借り入れ以外の方法を考えて下さい。

高校生の借入は無理!そもそも申込み自体ができない

学生ローンの申込条件をよく確認すると、18歳でも借入れできますが、高校生は除くとなっているため、高校在学中の場合には融資の利用はできないということです。

ですから高校生の場合には、お金が必要になった時には、親バレを気にするのではなくて、まずは親に相談して、必要なお金だということを納得させたうえで親から借りることを考えてください。

もし借りる目的が学費と言う場合であれば、奨学金や教育ローンなどの利用を考え、親にも相談してどのように用意するかを決めるようにしましょう。

無理をして学業が疎かになるような事にならないように、十分注意してください。

18歳でも高校生は申込めない

このように18歳以上であれば事実上親バレせずに学生ローンの利用が可能です。

しかし学生ローンの申込条件を詳細に読めばわかりますが、年齢制限の部分に但し書きが付いていて高校生は除くということになっているはずです。

したがって18歳に達した高校生は大勢いますが、上級の学校に進学した後でなければ学生ローンの利用はできないということになります。

18歳になったからと言って何も考えず、申込みを行ってしまうような事が無いように十分注意してください。

お金が必要な時にはまず親に相談するべき

もし18歳の高校生でお金が必要と言う場合は、自分で借入れすることはできませんから、まずは親に相談する事が必要でしょう。

ですから、お金が必要だという場合には、必要性をよく考えたうえで、どうしても必要だという場合には、借入先を探すのではなくて親をどう説得するかを考えることが必要です。

親を説得する訳ですから、なぜそのお金が必要なのかということが分るように話を組み立てる必要が有るでしょう。

説得して親の方も必要性を認めれば負担してもらえる可能性はあります。また負担してもらうのは無理でも親からなら借りることも出来るでしょう。

しかし親が必要性を認めない場合には、まずは自分でもう一度考えたうえで再度説得するか、進学するまで先延ばしするか、あるいは断念するかよく考えて決めてください。

大学生だと言って融資を申込むことも可能ですが、たとえ審査に通ったとしても返済の見込みはないので、絶対にそういったことはしてはいけません。

学費が必要なら奨学金や教育ローンの利用を考えよう

もし上級の学校に行くための学費を借りたいという場合には、学生ローンで用意するのではなくて、次のような借入方法を利用するべきです。

  • 奨学金
  • 教育ローン

基本としては奨学金ということになりますが、入学前に掛ってくることになる入学金には間に合わないため、その分については教育ローンを利用しなければなりません。

そのためには高校生では申込みはできませんから、親に教育ローンを申込んでもらう必要が有ります。

親にはそれほどの返済能力が無いという場合には、国でも教育ローンを提供しているのでそちらを申込んで、返済は在学中は利息分だけと言う方式にしておけば、親への負担は最小限にできるはずです。

学費についてはどのように借りれば良いのは早い段階から親子に高校の担当教諭も交えて考えておくようにして下さい。

~大学生でもまずはアルバイトで稼ぐことを考えよう~
大学に進学すれば18歳でも融資の利用は可能ですが、安易に借り入れを考えるのではなくて、まずはアルバイトをするなどで稼ぐことを考え、借入れはできるだけ少なくなるようにしましょう。

学生以外の未成年は借入可能?無理ではないが難しい!

では未成年だが学生ではないという場合を考えてみましょう。

この場合就職していると想定されるので返済能力としては問題はないと考えられますが、年齢制限が有るので一般向けのキャッシングは申込むことができません。

さらに学生ではないので学生ローンの利用も難しいですが、学生と偽って申込みを行うという方法も有ります。この場合借りられる可能性も有りますが、嘘をつくことはあまり良いことではありません。

利用出来るとすればクレジットカードのキャッシング枠でこれなら18歳でも利用することが可能です。ただし、この場合申込みには親の同意が必要になるので、親バレを避けることはできません。

学生と偽って学生ローンを利用出来るか?

説明したように学生であれば18歳でも融資の利用ができます。しかし一般向けのローンは20歳以上でなければ利用できません。

このため高校卒業後18歳で就職した人の場合、どちらも利用することが出来ません。こういった人が借り入れを考えた場合どうすれば良いのでしょうか。

まず学生ローンの利用の可能性を考えてみましょう。

学生ローンの場合本人確認書類として学生証の提示だけで構わないという場合が有りますが、学生ローンの審査はかなり緩く、中には学生証の提示が無くても審査に通す場合も無いとは言えません。

こういったところに学生だと称して申込みを行えば、場合によってはそのまま審査に通過してしまう可能性も有る訳です。

ただし利用開始後にそういった不正がバレてしまえば、その時点で契約は解除になり、借入れ残高全てを即時返済しなければならず、更に申込みで嘘を言ったという情報が長期間残り信用は崩壊してしまいます。

融資を利用出来る可能性はありますが、絶対に行ってはいけない方法と言えるでしょう。

一般向けのキャッシングが利用できる可能性はあるか?

次に一般向けのキャッシングについて考えてみましょう。

説明している通り一般向けのキャッシングは年齢制限が20歳以上となっているのが普通で、申込みに利用出来る本人確認書類を偽造しない限り申込みはできません。

偽造をしてばれてしまった場合には、下手をすると法律違反にも問われかねませんから、絶対にしないでください。

またキャッシングではなく目的の決まったローンの場合には保証人を付けることで借入れできる可能性があります。

ただし、この場合保証人を引き受けてくれるのは親くらいしかいませんから、親バレは必至です。

クレジットカードのキャッシング枠なら可能性有り!

もう一つの方法としてはクレジットカードがあります。

クレジットカードには次の2つの機能があります。

  • ショッピング機能
  • キャッシング機能

しかも18歳から作ることが可能です。したがってクレジットカードのキャッシング機能なら18歳でも融資の利用ができるということになります。

ただし、クレジットカードの場合も審査が有りますから、必ず作れるという保証は有りませんし、作れたとしてもキャッシング機能を付けてもらえない場合も有るので、必ず借りられるという保証も有りません。

また申込みに当たっては未成年の場合、親の同意を求められるので親バレしたくない場合には利用は難しいと考えられます。
~借入れする場合には返済の可能性を計算してからにしよう~
借入はできたとしても、その後返済できなけえれば大変なことになってしまいます。

ですから、どのような方法で借入れするにしても、借入れ前に自分が返済して行くことができるかどうかを、確認しておくことが必要です。

特に未成年の場合まだ経済基盤はぜい弱ですから、安易な借入れには十分注意しなければなりません。

ここで学生ローンは未成年でも親バレせずに利用できるかについて纏めておきます。

  • 多くのローンは20歳以上でなければ利用できないが学生ローンは18歳から利用できるものが有る
  • 契約を交わす以上親の同意が必要だが実際の学生ローンでは親の同意なしでも利用可能で親バレは回避できる
  • 18歳でも高校生の場合には利用できないので注意が必要
  • 学生以外の未成年の場合の借入れは無理ではないが難しい

未成年でも借入方法が有るとはいっても、返済の負担も出てくるので、まずは借入れではなくて借りなくて済ませる方法を考える事が重要ではないでしょうか。

閉じる
閉じる