学生ローンを調査!親より頼れる金融屋さん探し

smbcモビットは学生でも借入可能?カードローンは年齢制限に注意

smbcモビットのカードローンは安定した収入があり年齢が20歳以上であれば学生でも申込むことがで行きます。上限額は800万円ですが学生の場合には収入が伴わないので50万円が上限になるでしょう。

ただしsmbcモビットのカードローンはあくまで一般向けですから、必要な書類も学生証は使えず、収入の証明書類も必要になる場合が有ります。

また審査では在席確認が行われるのでその点にも注意しなければなりません。

審査は一般的には緩いと言われていますが、学生は収入の安定性が低くしかも少額ですから決して緩くはなりません。

まず申込む前に自分の収入の範囲で返済して行けるかどうかをよく計算して返済できそうにない場合には、利用は断念しましょう。

smbcモビットのカードローンは学生でも利用可!但し20歳以上

smbcモビットはよく三井住友銀行のカードローンと間違われますが、実際には三井住友グループのsmbcモビットという消費者金融が提供しているカードローンなので間違わないようにして下さい。

このsmbcモビットにも申込条件が有り、年齢制限と収入要件が規定されていますが、特に学生を排除するような規定は入っていません。

ですから年齢制限である20歳以上で、それなりの収入が有れば学生でも申込むことができます。

ただし消費者金融ですから貸金業法が適用され、総量規制が有りますから、収入の少ない学生の場合、殆どの人が利用できる融資額は50万円を超えることは無いはずです。

smbcモビットは三井住友銀行のグループ企業

モビットは当初は三菱UFJ銀行系列だったのですが、現在では三井住友銀行のグループ企業になってsmbcモビットと呼ぶようになっています。

利用者の中にはsmbcモビットは三井住友銀行のカードローンだと思っている人も多いかもしれませんが、smbcモビットというのはグループ内の消費者金融のカードローンです。

したがって、smbcモビットは銀行のカードローンよりも高い金利が付きますし、他の消費者金融と同様に貸金業法が適用されることになります。

smbcモビットのカードローンは20歳以上なら学生でも利用出来る

カードローンのようなキャッシングの場合、必ず決められているのが申込条件で、smbcモビットの場合も次のような申込条件が決められています。

  • 20歳以上69歳以下
  • 安定収入が有る

キャッシングによっては、ここで但し書きとして学生は除くというような記述が有る場合が有りますが、smbcモビットにはそういった但し書きは有りません。

ただし20歳以上となっているので、18歳の大学生というような場合には申込みはできないということになります。

ですから20歳以上でアルバイト収入が安定して入ってくるというような学生であれば、smbcモビットを利用出来る可能性が出てきます。

smbcモビットの仕様は次のようになっています。

商品名 smbcモビット
利用限度額 800万円
金利(年利) 3.0%~18.0%
返済方式 借入後残高スライド元利定額方式

これを見れば学生も800万円まで借りられそうですが、もちろんそんなことは無く、各利用者の融資上限は審査で決定される事になります。

学生の場合収入的に考えて借入れは50万円が上限

先程smbcモビットは貸金業法が適用されると説明しましたが、貸金業法には総量規制が有りますから、融資はこの規定による法的な上限が有り、その中で審査により適用される金額が決まります。

この規定では融資上限は年収の3分の1までとなり、年収が少ない場合には、1社あたり50万円まで、全社合わせて100万円までとなっています。

このため、学生の場合、学業の合間にアルバイトをしているわけですから、それ程高額の収入は期待できませんから、収入的に考えて1社あたり50万円の規定が適用されるのが普通です。

しかもそれは上限であって、実際には学生の信用と言うのはそれほど高くは有りませんから、特に初めて申込みをしたというような場合には10万円台ということも珍しくは有りません。

ですから、800万円などと言う数字に魅かれて申込みをしたとしても、現実はそれほど高額の利用はできないということです。

~貸金業法とは?~
貸金業法と言うのは以前消費者金融がまだサラリーマン金融と呼ばれていた時代に、高金利で厳しい取り立てが行われたために、それを規制する必要が有って制定された法律です。

総量規制は直近の改正でグレーゾーン金利の廃止とともに付け加えられた条項で、この2つの規定で消費者金融は利益を上げるのが難しくなり、半数が消えてしまったと言われています。

smbcモビットは一般向けカードローン!学生の利用は要注意

利用できるとは言っても、smbcモビットのターゲットはあくまで一般社会人ですから、学生にとっては使いにくい面が無いとは言えません。

まず申込みに必要な書類は、学生ローンのように学生証で本人確認と言うわけにはいかず、社会人と同じような書類の用意が必要で、さらに収入を証明する書類の提出も要求される可能性が有ります。

またsmbcモビットに限らず一般向けのローンの審査では職場に金融機関側から電話で実際に在籍しているかどうかの確認が行われ、学生であってもこれを避けることはできません。

また利用に当たっては様々な書類が自宅宛てに送付されますから、親バレを気にする場合には注意しなければなりません。

smbcモビットの申込みに必要な書類

学生向きには学生が利用しやすいように設計された学生ローンというものが有ります。

学生ローンは一般向けローンとは様々な面で違いが有り、学生ローンしか知らない場合、一般向ローンを利用する際には注意しなければならない点がいくつかあります。

まず気を付けなければならないのが、申込時に提出が必要になる書類です。

学生ローンでは申込時に必要になる書類も学生証だけで構わないため、学生にとっては非常に簡単です。

しかしsmbcモビットは学生ローンと言うわけではなく、あくまで一般社会人向けのカードローンです。学生だからと言う理由で、特別扱いはされません。

このため学生が申込む際にも、本人確認書類と収入証明書類を用意しなければなりません。

利用出来る書類は次のようなものになります。詳細についてはsmbcモビットのホームページで確認して下さい。

本人確認書類

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート

収入証明書類

  • 源泉徴収票
  • 税額通知書
  • 所得証明書
  • 確定申告書
  • 給与証明書(直近2か月分)

注意が必要なのは、一般的には50万円以内の融資の希望では収入証明書類の提出は要求されませんが、smbcモビットの場合提出してもらう場合が有るとしか書かれていないことです。

したがって、場合によっては学生でも提出を要求される可能性があると考えなければなりません。

審査では勤務先に在席確認が行われる

もう一つ注意しなければならないのが、審査中に行われる在席確認です。

在席確認と言うのは、申込者が申込みの際に記載された勤務先に本当に勤務していることを確認するもので、金融業者が直接職場に電話をして確認しています。

学生ローンの場合には、大部分の業者が行っていない確認ですが、一般向けのsmbcモビットの場合には、必ず行われ相手が学生であっても、免除にはなりません。

在席確認は申込者には職場の周囲にキャッシングの利用が知られてしまうのではないかとということで、嫌がられていますが、本人確認の一環として殆どの業者で行われています。

送付書類にも要注意

もう一つ人によっては注意しておかなければならないのが審査通過時に送付される事になる送付書類です。

学生ローンの利用者の殆どがお金を借りることを親には内緒にしたいと考えているという調査が有って、親元を離れていれば問題はないのですが、同居の場合には郵送物には注意しなければなりません。

smbcモビットも利用開始時にはカードの他、様々な種類などが送付される事になっているので、この郵送物が親の目に触れると、smbcモビットの利用がバレてしまいかねません。

予め何らかの対策を考えておくか、親にはオープンにしておくようにする必要が有るでしょう。

~在席確認が行われ続ける理由~
在席確認は本文で説明しているように申込者には嫌がられていますが、ずっと続けられています。

これは最近のキャッシングでは窓口での申込みが少なくなり、本人確認書類と本人を突き合わせて確認することが出来なくなっているため、別途職場の在席を確認して、本人確認の補強を行う必要が有るためです。

smbcモビットの審査は緩いのか?学生ローンの利用も考えよう

一般的にsmbcモビットの審査は比較的緩いと言われており、ネットなどでの評価はかなり高くなっていて、お金を借りようという人の多くが利用候補に考える事が有ると言われています。

しかし学生ということになると、まず収入が社会人程安定していませんし、そもそも収入額が少ないので、審査ではその点評価が低くならざるを得ず、smbcモビットの審査でも緩いとは言えません。

学生ローンと気うのは、そういった学生の特徴を理解したうえで、融資を行っているので、学生でもそれ程審査は厳しくなりません。

ですからもしsmbcモビットの審査に不安が有る場合には、利用の可能性を考えれば学生ローンを選んだほうが無難でしょう。

一般的にsmbcモビットの審査は緩いと言われる

smbcモビットと言うのはテレビでも盛んに宣伝されていて、申込者も非常に多く、銀行系消費者金融のカードローンとしては代表的なものです。

しかし気になるのは利用出来るかどうかと言う点でしょうから、審査の難易度ということになります。

smbcモビットの場合ネット上の利用者の口コミによれば、審査が比較的緩く、評判はかなり良いようです。

ただ実際には最高金利の18%から考えると、他の多くの消費者金融と同程度ですから難易度もそれほど大きくは変わらないと思われます。

それから考えれば銀行のカードローンよりも審査は緩くなり、銀行で借りられないような人でも借りることができると判断できますから、その点で借り易いと言えるでしょう。

学生には一般向けローンの審査はそう緩くはない

しかし申込者が学生と言う場合、そう安易に判断することはできません。

smbcモビットの申込条件を思い出してみて下さい。それによれば収入は安定していないと申込みはできません。

しかしちょっと考えれば分かりますが収入の安定性では学生は会社員などにはとてもかないません。

アルバイト収入でしかも学業の合間にしか出来ないということになるので、収入の評価としては低くならざるを得ません。

従って、一般的にはsmbcモビットの審査は緩いのかもしれませんが、一般向けのキャッシング全般に言えることですが、学生に対する審査と言うのはかなり厳しいと考えておいた方が無難です。

実際の一般向けの大手消費者金融のキャッシングの審査通過率を見ると50%には達していないのが普通です。

つまり銀行より緩いと言われていても、申込者の半数以上は審査に通っていないということです。お金を借りることが大変厳しいということが分る筈です。

審査に不安が有る場合には学生ローンの利用も考えたほうが良い

もし自分の状況を考えたら、smbcモビットの審査通過はちょっと厳しそうだと考えた場合には、smbcモビットの利用は見合わせて、お金が必要なら学生ローンの利用を考えてみましょう。

ローンの申込みをすると、その情報は信用情報と言う金融機関間で利用者情報を共有するためのデータベースに記載されます。

この記載は6カ月を超えない期間残ることになり、この記録が有ると、別のローンを申込んだ際に他のローンの申込直後だと分ってしまい、かなりお金に困っていると判断されます。

お金に困った人にお金を貸す金融機関は有りません。つまり安易に申込んでしまうと審査の可否に関係なく、以後の借入れに影響が出るのです。

ですから、審査に不安が有るのであれば、より通過できる可能性が有る方を選ぶべきでしょう。

~学生ローンの返済方式~
ローンは借入れよりも返済が大切で、借入れの際には返済方式を確認しておきましょう。

多くの学生ローンの返済方式は元金自由返済方式と呼ばれる方式で、月々利息分だけは必ず入金する必要が有りますが、元金分は返済期限内であれば何時返済しても構わなものです。

したがって、借入れ時期にもよりますが、元金の返済を就職後にすることもでき、学生には大変使い易い方式と言えるでしょう。

月々の返済額に注意!自分の収入から返済して行けるかを確認しよう

smbcモビットの返済方式は、借入後の残高にスライドさせて元金返済分も含めて一定になるようになっていて、収入の安定している社会人の場合であれば返済しやすい方式になっています。

ただし、学生にはこの一定と言うのが問題でアルバイト時間が短くならざるを得ない時期の返済は苦しくなります。

そこでまずは自分の収入の範囲内で返済して行くことができるのかどうかを、月々の支出も考えあわせて、可能性を計算してみましょう。

常に返済できるだけの余裕があれば、問題はないでしょうが、時期的に返済が厳しくなるような事が有るのであれば、smbcモビットの利用は難しいと考えるべきです。

そういう場合には学生ローンの利用も視野に考え直すことが必要です。

smbcモビットの返済方式

幸いにして審査に通過できたとして、安易にお金を借りてしまうと、翌月からは返済しなければならなくなります。

smbcモビットの返済方式は借入後残高スライド元利定額方式と呼ばれるものです。

これは直近の借入後の借入残高をもとにして、残高の金額を段階的に区切ってそれぞれの段階で月々元金返済分と利息分の合計が一定額になるようにした返済方式です。

例えば50万円までの返済額は次のようになっています。

借入後残高 返済額
10万円以内 4000円
10万円超20万円以内 8000円
20万円超30万円以内 1万1000円
30万円超40万円以内 1万1000円
40万円超50万円以内 1万3000円

つまり20万円を超えるような借入れをすれば、月々1万円を超える返済をしなければならなくなります。

学生にはちょっと厳しい月も出てくるかもしれません。

まずは返済の可能性を計算してみよう

そこで審査に通るかどうかとは別に、自分が借入れしたとして返済して行けるかどうかを予め確認しておく必要があるでしょう。/span>

そのためには1年程度遡って月々の自分の収支を計算してみるのが最も簡単です。

そこで1年前から月々の収入と支出を調べてみて下さい。数字が揃ったら月毎に収入から支出を差し引いて収支を計算してみましょう。

この収支が返済に回せる金額と言うことになるので、月々の収支の最低額がいくらなのか確認して下さい。

次に先程の表から、自分が借り入れ予定の金額の返済額を調べて、収支の最低額と比較してみましょう。

収支の最低額が返済額以上あれば今後も返済して行ける可能性は高いでしょう。

しかし下回っていた場合には、返済ができなくなる月も出てくるかもしれなません。

返済できそうにない場合には申込んではいけない

当然ですが返済できなければ、困りますから、返済ができそうにない場合には、無理な借入れは止めなければなりません。

学生の場合、まだ社会経験が無いので無謀な考え方を持つ人がいて、何とかなるだろうと考えて安易に借りる人がいますが、もし返済できなければ学生であっても最悪自己破産です。

ですから、借入れする場合には慎重に判断して、もしsmbcモビットの返済が無理であれば、もっと柔軟な返済ができる学生ローンなど、別の借入先を考えるなど、知恵を絞る事が必要です。

~自分のお金を管理しておこう~
本文では収支を計算する際、収入と支出を使っていますが、その数字がすぐに出てくる学生は少ないはずです。

しかし自分のお金を管理するというのは生活をしていく上で大変大切なことですから、管理できていない場合には、今日からでも記録を残して管理するようにしましょう。

ここでsmbcモビットの学生の利用について纏めておきます。

  • smbcモビットは学生でも利用が可能
  • smbcモビットは一般向けの為学生が利用する場合には在席確認などに注意が必要
  • smbcモビットは一般的には審査が緩いと言われるが学生は収入面の評価が低く審査は厳しい
  • smbcモビットは学生ローンより返済しにくいので予め返信可能性を計算してみることが重要

最近はお金が簡単に借りられるのですぐに借入れを考えてしまいがちですが、お金が必要な時は借入れを考えるのではなく、まずは借りなくて済ませられる方法はないかを考える事が大切です。

閉じる
閉じる